株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

サンフランシスコでのはじめての週末です。
今回、一緒に来ているスクルトの神守さんが昨夜からポートランドにいる友人のところに行ってしまいましたので、この2日間は下記の方々にご一緒させていただきました。
EC studio山本敏行さん。
西村屋の西村昌和さん
いろいろのいらはらしんごさん。
KARAKURIの北濱勢貴さん。
EC studioの山本さんが何度もこちらに来られていて、詳しいので車をレンタルしていろんなところに連れて行ってくれました。
instagram
この場所は元々はtwitterのスタートアップ時のオフィスだったらしいです。

スタンフォード大学
何度訪れてもいいところです。
ただこの日は結婚式が行われていて、教会に入ることはできませんでした。
教会は観たい方は平日がいいかもしれません。

この天気、この芝生に来たら誰もが寝転んでしまいます(笑)

アップル
こちらも残念ながら併設されたアップルストアは閉まってました。

インテル博物館


NASA
見事なスペースシャトルを観ることができました(笑)

Google
さすが山本さん、何度も来られたことがあるだけに通常では見られないところに連れて行ってくれました。


EVERNOTE
EVERNOTEの看板を撮影していると、ドアが開きました。
「何やってんだ!」と怒られるのかと思いきや、出てきたのはCEOのフィル・リービンさん。
なんとオフィスの中をCEO自ら案内してくれました。
“おーいお茶”までいただきました(笑)
すごく広いオフィスだったのですが、近いうちにオフィスを移すとのこと。
やっぱり勢いがあるんですねー。
むちゃくちゃいい方で、感動でした。




マウンテンビュー
マウンテンビューの住宅地にも行きました。
以前、山本さんがこちらに住むことを検討していたときに見つけたらしいのですが、素晴らしい住環境。
芝生いっぱいのむちゃくちゃ広い芝生。
おいしいお店がたくさん並ぶ通り。
住宅街に入ると静かな環境。
ここに住んでみたいと5名で全会一致するほどの場所でした。
2日目には実際に不動産屋さんを訪れ、部屋を見せてもらいました。
なかなかの値段でしたが、ここで長期ノマドワークするのも快適だなと真剣に考えました。





そうそう、マウンテンビューの街ですが、Google wi-fiが飛んでいます。
Googleアカウントさえあれば誰でも使えるそうで!
ですので、こんなところでも仕事ができてしまいます。
西村さん浴衣が素敵!

※photo by Shingo Irahara
マイクロソフト
マイクロソフトで開かれていたスタートアップイベントにも連れていってもらいました。
残念ながらヒアリング力が足りず、十分に理解することができませんでした。
英語は精進あるのみです!



山本さんをはじめ、ご一緒させていただいた皆さんのおかげで何とも充実した週末になりました!感謝!
P.S
実は1日はこれで終わらず帰宅後、ホームスティ先で多国籍の方々との楽しい飲み会が待っていたのでした(笑)
さすがに疲れていて、午前2時ごろには先に休ませてもらいました^^


今日は午前中に1件、これまじ!のインタビュー。
SmashBooth, Incの船木信宏さんにお話をお伺いしてきました。
funaki.jpg
船木さんは現在サンフランシスコでビジネスをされています。
現在、新サービスをリリースされる前ということで詳しくはかけないのですが、正式リリースと一緒にこれまじ!で紹介させてもらおうと思います。
こちらでビジネスをされている方の共通項はみんな表情が素敵ということ。
会う方、会う方本当に魅力的な表情をされています。
船木さんも類にもれず素晴らしい表情をされていました。
午後からはこの日はアポなしということで、この3日間予定を詰めすぎていましたので、仕事を淡々とこなし、久々にゆっくり過ごしました。
今回のサンフランシスコ滞在の大きな目的のひとつは海外でのノマドワークです。
8月に国内で1ヶ月間長期ノマドワークを体験し、国内は大丈夫なことが分かりました。
しかし、時差や距離がさらに離れた国外で仕事をすることができるのか?
答えは私の仕事では問題なくできました。
今回の問題は時差です。
私が仕事を始めるサンフランシスコ時間の午前8時は日本時間では夜中の0時。
そして仕事が片付き始める18時は日本時間の午前10時。
つまり、仕事時間がまったく被らないのです。
これがとても良かったです。
日本で仕事をしていると、メールの受信、twitterやfacebookのタイムラインが気になって長い時間集中できないことが続いていました。
本当にこの問題が課題だなと感じることがここ数年ありました。
しかし、サンフランシスコに来るとこの問題が一気に解決するのです。
こちらで仕事をしている時間は日本では睡眠する時間。
つまりメールも届かなければ、twitterのタイムラインの流れません。
そして、私が寝て起きると、まとめてメールやツイートが溜まっている状態。
それらをまとめて返信したり、チェックして、仕事に集中する。
日本の方とミーティングをしなければいけないときは、私が少しがんばって、サンフランシスコ時間18時にスタートすれば、日本時間は午前10時と問題ありません。
ということで、サンフランシスコに長期滞在しても、特に支障はありそうにありません。
これで、またどこででも仕事ができることが私の中で証明されました。
好きなときに好きな場所で仕事をして生活する。
そんな理想に、また一歩近づくことができそうです。


今日は午前と午後に「これまじ!」のアポを2件。
午前中はデジタルガレージの琴章憲さん。

そして、午後はbtraxのブランドンさん。

おもしろい「これまじ!」商品を紹介していただきましたが、それと同時にこちらでビジネスをされているお二人のお話はとても為になりました。
それぞれのお話をお聞きできただけでも、サンフランシスコに来た甲斐があると思えるものでした。
お二人の取材記事はまた帰国後に「これまじ!」にアップしたいと思います。
ブランドンさんにbtraxで取材させてもらっている最中に湯川鶴章さんと、以前「これまじ!」にも登場していただいた土屋尚史さんがbtraxに来られました。
取材後、湯川さんとお茶をしながら1時間ほど将来の事業展開のお話を。
湯川さんは本当に安心していろんなことをお話できます。いつも感謝しています!
その後、琴さんから頂いたチケットでAT&Tパーク(サンフランシスコジャイアンツの球場)で開かれたいたスタートアップイベントのPichに参加。


そこでは、本間毅さんとWonderShakeの鈴木仁士さんにばったり。
そして、夜はIT飲み会に参加。
サンフランシスコで働いている方、今滞在している方が50人ぐらいは集まっていたでしょうか。

※この写真はいらはらしんごさんが撮影
今日はサンフランシスコでまさかこれだけの日本人に会うか!という一日になりました(笑)
そして、目的はそれぞれ違えども、同じ時期にサンフランシスコに滞在している方との交流はとても有意義なものでした!


時差ぼけのせいか、午前3時に目が覚めました。
一仕事こなしたら、朝の8時。
今日はシリコンバレー!
シリコンバレーへはカルトレインを利用します。

2階建ての電車で、1両は自転車専用の車両になっています。
自転車と一緒に乗って、目的地の駅についたら自転車に乗って颯爽と走っていく人たちが沢山いてました。
バスの前にも自転車を乗せるところがありました。
今度長期滞在するときは絶対自転車を買ってやろうと思います!
第一の目的地はサンタクララ。
湯川鶴章さんに紹介いただいた旧友のEndo Yoshiさんに「これまじ!」のインタビューをさせていただきました。

お聞きしたお話は「これまじ!」にアップさせてもらいますが、一言で表すと「何と人生を謳歌してるんだ!」という感じです。
毎朝サーフィンをしてから会社に向かうのだそうです。
生き生きとした目の輝きがとても印象的な方でした。
為になるお話しを聞かせてもらった後は、タクシーを使ってアップル本社へ。

残念ながら中に入ることはできませんでしたが、広大な敷地のアップル本社を見て、今のアップルの勢いを垣間見ることができました。
ちなみにサンフランシスコでもシリコンバレーでもなんとMac率の高いことか!
90%は超えているんじゃないかなと感じます。
しかも、ほとんどの方がMacbook pro、でAirはほとんど見かけません。
こちらの方はパワー重視で、Airの軽さ、薄さには興味がないのでしょうか。

アップルストアが併設されていて、ここにしか売られていないグッズもあるようです。
息子へアップルのTシャツをお土産に買って後にしました。
次に訪れたのがスタンフォード大学。
ここが壮観でした。
広大な敷地に歴史ある建物。
一見の価値ありです!!




敷地内にある教会もすごいです!
無宗教の私ですが、この時ばかりはキリストに祈りを捧げたくなりました。




敷地内には広大な芝生も。

ちょっと一服するつもりが、2時間近く木の下で過ごしてしまいました。
そして、今日の最後の訪問先となるGoogleへ!

スタートアップのイベントが行われており、それをビジターとして見学させてもらいました。
日本でスタートアップというと若い人をイメージしますが、このイベントではおっちゃん、おばちゃんの姿も多くありました。
その姿を見て、とても刺激を受けることができました。
これでこの日の全日程が終了!
充実した1日になりました!
蛇足:
この日はカルトレインを主に交通手段として利用していたのですが、慣れるまで結構戸惑います。
どちらのホームがどちら行きなのか、次の駅はどこなのか書いてない駅も多く、非常に分かりづらいです。
また、本数も少なく、一番気をつけないと行けないのが、普通と急行の違い。
急行だと止まらない駅もあり、私たちも間違えて急行に乗ってしまい乗り過ごしてしまいました(;_:)
急行と普通の違いも外観ではよく分からなく時刻表で確認するしかないのかもしれません。
カルトレインを利用される方はご注意を(笑)
※カルトレインのホームページ


今回の旅で一番心配していたのが、10時間のフライト。
関空発17時、現地着11時と、飛行機で寝ることができれば到着直後から元気に活動することができます。
ただ、私は座って寝ることができない性分で、、、
ラッキーなことに座席幅が広い席に変更してもらえて少し安心。
そして、あるルートから手に入れた睡眠薬を初体験。(もちろん合法ですよ(笑))
これで熟睡できると寝に入ったのですが、、、まったく眠くならない・・・
結局、うつらうつらとするものの、ほぼ眠らずサンフランシスコ着。
ニセコでノマドワーキングした際に書籍をすべて自炊して、電子書籍化したおかげで上手く時間をつぶすことができました。
サンフランシスコ国際空港着後、バートという電車を使って、滞在地のサンフランシスコ中心地へ。
今回はホテルではなく、全日”知り合い”の”知り合い”の”知り合い”の方の家に泊めてもらいます。(笑)
facebook経由でコンタクトを取らせてもらったのですが、お互いに素性を明かしていますので、安心してお願いすることができました。
今回泊めてくれることになったのは、サンフランシスコの日本食レストランに勤めるNoriさん。
実際にお会いしたNoriさんはとてもやさしくて気さくな方でした!
そして泊めてもらうマンションの部屋からはこの景色!
sea.jpg
毎朝目が覚めるとこの景色が飛び込んできます。
そして、中庭にはジャグジーとプールが。


ご縁に感謝感謝です。
サンフランシスコに到着すると、真っ青な空の下を闊歩すると眠気もふっとび、Noriさんに3時間ほどサンフランシスコを案内してもらいました。
さすが坂の町。この坂を登るのも下るのもつらかった!

あり得ない斜面での縦列駐車

定番のケーブルカー

アップルストア

ユニオンスクエア

サンフランシスコがリーバイス発祥の地

Noriさんのおかげで、到着したその日からサンフランシスコを満喫することができました。
この日は次の日からがっつり予定がつまっていることを控えて早めに就寝。
たっぷり歩いたおかげで熟睡できました!と言いたいところなのですが、午前3時ごろには時差ぼけで起きてしまいました(涙)
こちらでの快適な生活空間を提供してくれたNoriさん、Noriさんを紹介してくれたAdachiさん、そしてAdachiさんを紹介してくれた宮本さんのお三方には本当に感謝感謝です!
ありがとうございます!


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る