株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

前回のブログでテニスサークルの10周年について書きながら、そう言えばインターネットに無限の可能性を感じたのもこのサークルがきっかけだったなぁと思い出してました。
サークルを立ち上げた当初は6~8人ぐらいの少人数での活動でした。
どうやったら新しいメンバーが集まってくれるだろうと試行錯誤してました。
そんなとき、何を思ったのかサークルのホームページを作ってメンバーを募集することを思い立ったのでした。
当時は2000年ということで、ようやくインターネットが一般の人にも広がりつつあるものの、ネットを経由して来るのはオタク系の人ばかりになるんじゃないかという声もメンバーの中にありました。(そんな時代でした(^_^;))
ホームページビルダーを購入して、作ったホームページがこれです。

nititenihp.jpg

そんなホームページを立ち上げて1ヶ月ぐらいだったでしょうか、何と初めてネット経由で問い合せがあったのです。
来て、見てびっくり!
何とインターハイ、インカレを制したこともある実力者、通称ぶんちゃんでした。
まあまあ、しょっぱなだからこんなこともあるのだろうと高をくくっていたのですが、それから来るわ来るわ個性的な魅力的なメンバーが・・・
ぶんちゃんが来たのが3月。

nititeni01.jpg

で、次の写真が4月。

nititeni02.jpg

で、5月。

nititeni03.jpg

で、6月。

nititeni04.jpg

で、7月・・

nititeni05.jpg

で、8月・・

nititeni06.jpg

このころには常時これぐらいのメンバーが参加するようになり、あまりの多さに借りていたテニスコートから閉め出されるまでに・・・
こんなにもメンバーが集まるということは、ホームページを見る人も当然多かったということになります。
では、どうやってホームページを露出していたかということですが、この頃はSEO対策なんてもちろんしるよしもありませんでした。
何をやっていたのか・・・
それは、関西のテニスサークル情報サイトを自分で立ち上げて、その中で一番目立つ位置に常にうちのサークルを表示させていたのです。
そのころはまだホームページの数も少なくて、そのような情報サイトがなかったのです。
そして、自分が社会人になってサークル探しをはじめたときに、とても苦労した記憶がありました。
そのときにこんな情報サイトがあったらいいなと思うサイトを作ったのです。

kanteni2.jpg

※今も多くの方に愛され運営中!
関西のテニス情報ポータルサイト「関西テニスネット」
思惑がどんぴしゃとあたって、そのサイトのアクセスはどんどん上がって、サークルに来る大半の人がその情報サイト経由で来るようになり、上の写真のような事態になってしまったのでした。
情報サイトはユーザーのニーズに応えたからアクセスが集まりました。
ではなぜ、サークルのホームページはここまで反応がでるものになったのでしょうか。
そのときはよくわかりませんでしたが、今となってはよくわかります。
それは、メンバーの顔をしっかりと掲載して、コンセプトをしっかりと打ち出していたこと。
また、活発に活動している感を出すために、予定表を随時更新していたこと、そして、毎回練習後に全員で写真を撮ってホームページで更新していたこと。
はたまた、活動内容を知ってもらうために、毎回活動日記を書いていたこと。
これって、今からすればネットショップなどで売上げを上げるためには必須のことです。
しかし、当時はそんな知識があるはずもなく、とにかく立ち上げ当初でいかにしたら人に来てもらえるのか、そればかりを必死になって考えていました。
必死になって考えたら、しなければいけないことが自然にできていた。
そんな感じだったんだと思います。
こんな経験をして、インターネットの可能性の大きさ、また、自分でサイトを運営してそこからユーザーの反応が直接得られる楽しさを知ってしまい、インターネットにはまりこむことになったのでした。
サークルを立ち上げて、代表として活動することのやり甲斐を知る。
そして、ホームページを立ち上げてインターネットの無限の可能性を実感する。
もしかすると私はこのサークルを立ち上げていなかったら起業していなかったのではないかと、最近ふと感じることがあります。
人生って何がどう転ぶかわかりませんね。
今、多いに人生を楽しんでいます(^_^)


1001.jpg

昨日は社会人になって友人と二人で立ち上げたテニスサークルの10周年記念パーティでした。
私は数年代表を務めて、結婚、出産、起業準備といった関係で離れた後は、歴代3人の代表があとを引き継いでくれて晴れて10周年を迎えたわけです。
昨日もスピーチさせてもらったのですが、正直いって立ち上げるのは全然難しくないことです。
そのときの勢いだけで何とかなってしまうものです。
でも、それを継続させることはとても難しいことです。
起業してからすごく思うことなのですが、事業を継続していくためには確固たる理念がなければ決して長く続かないなということです。
これは事業だけに通じることではなくて、こうしたサークルにも言えることだと思います。
あれやこれやと目的を複数作ってしまうとと、判断を誤りとんでもない方向に進んでしまうということが起こってきます。
でも、しっかりとした理念やコンセプトがバンと1本通っていれば、何か問題が起こっても、決して判断を間違えることなく進んでいくことができるのではないでしょうか。
私と友人が絶対に忘れず心がけていたこと、それは・・・
『参加者全員が心から休日を楽しむことができるサークル』
これからもそのコンセプトを忘れることなく、20年、30年と続けてもらえたら嬉しく思います。
サークルを立ち上げて本当によかったな・・と心から思える一日でした。

1002.jpg


nikkei.jpg

主催させていただいている起業者を中心とした勉強会(wisdom sharing work shop)が本日の日本経済新聞で紹介されました。
はじめた当初は新聞に掲載されるほどの勉強会になるとはつゆとも思っていませんでしたが、1年間も続けるとこうしたご褒美もあるものかと喜んでいます。
こうした会になったのも1周年のときの記事にも書かせていただきましたが、知恵を共有して共に成長していくという会のコンセプトに皆さんが賛同してくれたこと、また、惜しみなくこれまで培ってきたノウハウを伝えてくださった講師役の方のおかげだと深く感謝しています。m(__)m
そんな勉強会の次回のテーマはタスク管理。
ご興味がある方はぜひご参加くださいませ。
wisdom sharing work shop
 第14回 【デジタルとアナログでタスク管理ことはじめ】


nikkan2.gif

5月中旬にリリース予定の新サービス「ベビログスタイル」が本日付の日経産業新聞に掲載されました!
 「ベビログスタイル」では、どこにでもあるものをご提供させていただくのではなく、ユーザーの皆さまのすてきな想い出を永遠に残すことができるものをご提供させていただき、『想い出を残すお手伝い』をさせていただければと考えています。
すでに魅力的な商品はありますが、私どもはもっともっとすてきな商品があるのではないかと日々追い求めています。
「ベビログスタイル」ではユーザーの皆さまと共に魅力的な商品を探し出したり、また、アイデアやご意見をちょうだいしながらお子様とのすてきな想い出が残る商品を共に企画していくことができる場所になればいいなと考えております。
皆様のよりよい思い出づくりに少しでもお力になることができればこんなにうれしいことはございません。
まもなくオープンする「ベビログスタイル」をどうぞよろしくお願いいたします。


昨日は主催させていただいている起業者を中心とした勉強会の1周年記念でした。
このブログの中でも何度が紹介させていただいているのですが、この会の名前は「wisdom sharing work shop」と言います。
和訳すると「知恵・知識の共有の勉強会」ということになります。
「一人ひとりの起業者としては弱い私たちですが、各々がそれぞれの分野で非常に優れたスキル、知識を持っています。
そうした人たちが集まって、お互いに自身の持っている知識、知恵を共有し、助け合いながら成長していくことができるのではないでしょうか。」
こうした会のコンセプトに賛同してくれた様々な分野の方が、分科会をあわせると1年間で延べ300人を超えるまでの会になりました。
昨日もGWに入るこの日曜日に50人を超える方が参加してくださいました。

1y02.jpg

これまで月に1回のペースで行ってきたわけですが、こうして無事1周年を迎えることができたのもこの会のコンセプトに賛同していただき参加してくれた皆さま、そしてこれまで培ってきた知恵・知識を惜しみもなく共有してくれた皆さまのおかげだと深く感謝しています。
昨日は1周年ということで懇親会をのぞいても、5時間もの長丁場で行いました。
1部の勉強会ではRSSに特化した関西圏で唯一の独立系ベンダーである株式会社フィードテイラーの大石さんに
【最新Webテクノロジで徹底武装!情報収集で10歩も100歩も差を付ける!】
という題目でお話していただきました。
こちらの大石さんとは私が起業準備を進めてきた大阪産業創造館創業準備オフィスに入居していたときからのお付き合いです。
もともとこの勉強会も知恵を共有することを大切にする大石さんに大きく私が影響を受けていたということが大きくあります。
フィードテイラーのHPには大きく「wisdom sharing~知恵を共有しよう~」と掲げられており、そうしたことからも1周年記念にはぜひ大石さんにお話してほしいという気持ちがありました。
ご多忙の中、プレゼン資料をつくっていただき、当日は2時間みっちりと情報収集ノウハウについて語っていただきました。
大石さん本当にありがとうございました!
2部の勉強会では、僭越ながら私が
【到来!ランキング激変時代 ネットでは見つからない最新!SEO対策テクニック】という題目で90分間お話させていただきました。
こちらはすばらしい大石さんのスピーチとは裏腹にお聞き苦しい点が多々あったと思います。
起業してからそれなりの回数プレゼンをやってきたわけですが、なかなかすんなりとは上達しないものですね。
今後にご期待くださいませ。

1y03.jpg

そして、3部の交流会、4部の懇親会(飲み会)にもたくさんの方に参加いただき無事1周年記念を終えたわけですが、帰宅してからくったくたに疲れ果てた自分にようやく気づいた次第です。
しかし、その疲れは非常に心地よいものでした。
何事も継続することは難しいことです。
しかし、支えてくれる仲間がいれば、その困難は半分にも3分の1にもなります。
そうしたことは社会人になって友人と立ち上げたテニスサークルの運営で経験しています。
その経験が今の勉強会に活かされていることは間違いないと思います。
このテニスサークルが今年で10周年を迎えるとのことです。
しっかりとしたコンセプトがあれば、進むべき道を間違えることなく進んでいける。
これはこうした勉強会、サークル、子育て、そして事業に対しても共通していえることはではないでしょうか。
勉強会にも、事業にもしっかりとしたコンセプトがあります。
ただ、子育てについては・・・・まだ自信がないです(T_T)
このGWは子育てについて、そして我が家のコンセプトについてしっかりと考えてみようと思います。


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る