株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

主宰させていただいている
大阪の起業家勉強会 「wisdom sharing work shop~知恵の共有ワークショップ~」通称ウズウズですが、
毎月1回開催させていただいていて、8月13日開催分で40回目を迎えます。

babyloghp.jpg

記念すべき40回目のウズウズはTechWaveチーフブロガーの湯川鶴章氏を東京からお迎えし、「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」をテーマにお話いただきます。

tech_yukawa.jpg


ブログ、twitter、USTREAM、YouTubeなどソーシャルメディアの台頭でこれまでのネットマーケティングのあり方が変わってきています。
今から意識して体感していかなければ、近い将来大きな差ができてしまうという危機感をずっとは持っていました。
ですので、何とかウズウズの参加者の方にソーシャルメディアの重要性、そして、それを体感してもらうことはできないかと思い、今年の4月の勉強会からテーマをそちらに向けました。

  • 4月:アメブロ+twitter活用
  • 5月:facebook活用
  • 6月:USTREAM活用
  • 7月:iPhone+iPad×google(クラウド)活用
  • 4月から7月まで参加された方は現在ネットで注目されているこれらのサービスの概要を理解いただけたと思います。
    そして実践いただくことでこれまでとは違う何かを感じ取っていただけたと思います。
    8月のウズウズは、これらのサービスが台頭してくることでどのような世界が待ち受けているのか?それを湯川鶴章氏にお話いただきます。
    お話いただく内容はこちらです。

  • ・Google時代、SEO全盛時代の終えん
  • ・ソーシャルメディアとマネタイズ手法
  • ・Facebookの人間関係が米国のウェブのインフラに
  • ・情報や物、金は人間関係を通じて動くようになる
  • ・mixiのソーシャルグラフ戦略
  • ・Twitterが日本のウェブを実名主義に変えた
  • ・オンラインの友人関係とリアルな友人関係が融合し、モバイルに搭載される
  • ・新しい決済システムの登場
  • ・楽天とFacebook
  • ・シリコンバレーの拝金主義の終わり
  • ・プライバシーの新しい概念

  • 大きな潮流を見せるソーシャルメディアについてご興味ある方には見逃せない内容です。
    こちらの勉強会はウズウズのコンセプトに共感いただける方であれば、どなたでも参加いただけるものです。
    湯川氏の大阪での講演はあまりありませんので、数日のうちに80名の定員に達するのではないかと予測しています。
    参加を希望される方は下記のページのコメント欄からお申込みくださいませ。
    ★「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」講師:湯川鶴章氏のお申込みページはこちら


    というのは嘘で、いやいや、嘘ではありません。
    このように2010年7/20本当に掲載されています。
    豆粒のようですが・・・(T_T)
    ※クリックで拡大表示されます

    こちらの記事は、私が主宰している大阪の起業家勉強会「ウズウズ」で6月に講師を勤めていただいたヒマナイヌ川井さんが取材されたものです。
    講演いただいた内容はもちろん「USTREAM」についてです。
    川井さんに依頼させていただくきっかけになったのもUSTREAMでした。
    名古屋の「USTREAMER養成講座」を講演されているときに、その模様がUSTREAMでも配信されていました。
    講演途中に「全国どこでも講演に行きますよー!」という声を聞いて、twitterから「次はぜひ大阪に!」と手を挙げて、うちの勉強会で講演が実現したのです。
    当日までに80名近くの方に参加表明をいただき、当日はこんな感じになりました!

    ust_kawai.jpg

    個人が簡単にネット中継できる時代。すごい時代になりましたね。
    この講演をきっかけに勉強会の参加者も積極的にUSTREAMを配信するきっかけになりました。
    そこで、先週から行っているのが、「ウズウズUSTリレー」。
    ウズウズの参加者から希望者を募ってUSTREAMの配信をリレー形式で行います。
    これまで2回行い計8名の方に配信してもらい、一人持ち時間15分で自身が持っている知識・知恵を共有してもらいました。
    8名のうち、5名の方が録画していましたので、こちらで紹介させていただきます。
    WINGS英会話 太田さん「3分間で外国人を退屈させない方法」
    はり・きゅう経絡ケア 松野さん「睡眠と健康について」
    クレセントヘアー 中野さん「容室マネージャーきよの一人終礼。業務報告&情報共有」
    心理カウンセラー 山崎さん「なぜ年を取ると記憶力が悪くなるのか。大人の記憶法。」
    Arch Core Inc. タダさん「若くあり続けるための秘訣 お教えします!」
    それぞれの専門分野で活躍する方たちのお話。
    本当に為になります。
    USTリレーを企画した理由は2つありました。

    1.知識・知恵の共有
    ウズウズのコンセプトである、「知識、知恵を共有し、助け合いながら成長していく」これをUSTを利用することでもっとできないかという思いがあります。
    ウズウズではI非常に多岐にわたる分野の方にお越しいただき、それぞれの方がお持ちの知識・知恵を共有いただいています。
    しかしながら、勉強会の講師役としてお話いただく方は限られており、講師役をされていない方はすばらしい知・知恵を持っていながら参加者間であまり知られていなかったりします。(延参加人数が1,000人を超えるとどうしてもそうなってしまいます。)
    そこで15分間という短い時間でハードルを下げて、お話いただく方を増やす。
    そうすることで参加者間でお互いのことをよく知ることができ、これまで以上にビジネスがうまれたりするのではないかという理由です。

    2.USTREAMを配信することのハードルを下げる
    USTREAMは簡単に個人が配信できますが、一人で話すことの抵抗感、また、配信しても誰も聞いてくれないのではということを危惧されている方も多くいます。
    UST配信リレーをすることで、他の人もやっているのなら自分もできるのではないかという安心感、そして、イベントとしてやることで視聴者が必ずいるという安心感。
    2つの安心感で配信するハードルが下がればと思っています。

    こうした思いに賛同いただけそうですので、USTリレーは毎週やっていきたいなと思っています。
    ウズウズのHPに配信予定番組表を作っていますので、ご興味のある方はチェックしていただきぜひぜひ観ていただけると嬉しいです。(ちなみに次回予定は7月15日(木)21時からです!)
    ウズウズ参加者によるUSTREAM配信予定表


    うちの息子は6歳。
    将来の夢は漫画家だそうです。
    そう言うだけあって暇さえあれば絵を描いています。
    今のお気に入りはドラゴンボール。
    私が小学4年のときに始まったこの漫画。
    2世代に渡って魅了させるとは怖るべし鳥山明です。
    息子はどうもヤムチャが気になるらしく、「ヤムチャばくはつ」という過激(?!)な漫画を描いたりと先日もヤムチャの絵を描いていました。
    こちらが息子が描いた絵です。

    yamucha.jpg

    私自身、実は絵を描くのは得意だったりするのですが、とても6歳のときにここまで描くことはできませんでした。
    親バカ抜きかなり上手いと思うのですがいかがでしょう?(笑)
    ただ、、、紙の下の方を見てください。
    濡れているのがわかると思います。
    実はこれは息子の涙なんです。
    上手く描けないと泣き出してしまったのです。
    いやいや、十分上手いよと慰めても泣き止まず。
    はてどうしたものかと思ったときに思い出したのが、佐藤秀峰さんのUSTREAM。
    佐藤秀峰さんは「ブラックジャックによろしく」や「海猿」などを描かれている漫画家さんです。

    新ブラックジャックによろしく 1 移植編 (ビッグコミックススペシャル) 新ブラックジャックによろしく 1 移植編 (ビッグコミックススペシャル)
    佐藤 秀峰

    小学館 2007-02-28
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    海猿 (1) (ヤングサンデーコミックス) 海猿 (1) (ヤングサンデーコミックス)
    佐藤 秀峰 小森 陽一

    小学館 1999-05
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    佐藤秀峰さんはUSTREAMでペン入れの風景などをたまに配信されているのです。

    satoshuho.jpg

    プロの漫画家がどんな感じで描いているのかUSTREAMを見せてあげると尊敬の眼差しで食い入るように見始めて、パタっと泣き止みました。
    いやー、漫画家さんてすごいですね。
    髪の毛一本一本丁寧に丁寧に長い時間をかけて描きあげていきます。
    何かなしにパッパッと漫画を読んでましたが、これからはひとつひとつの絵をじっくりと見て読んでいこうと思いました。(笑)
    佐藤秀峰さんはtwitterもよく使われているので、こんなツイートをしてみました。

    twi01.gif

    リプライが来たら息子は大喜びするだろうなと待っていたところ、次の日に来ました!!

    twi02.gif

    twitterをやっている著名な方ってコミュニケーションを大切にされている方が多いので、きっと佐藤秀峰さんも返事をくれるのではと予想してましたが、実際に返事をもらえるとやはりとても嬉しいものです。
    私より、数倍喜んだのは言うまでもなく息子です。
    「楽しんで描くことが大切」
    とてもいい言葉ですね。
    私自身、起業して感じることですが、楽しんで、ワクワクすることじゃないととても強い意志を持って継続して頑張り続けることができません。
    私としては、漫画家よりもプログラマーになって仕事を手伝ってほしいなぁと思うのですが(笑)、息子の夢を思いっきり応援してやろうと思います。
    「頑張れよ!」
    いやいや、もとい。
    「楽しんで描けよ~。」


    birthnow.gif

    本日から、twitterで「出産なう!」をされた方に「ベビログ2010」を月間100名まで無料プレゼントするキャンペーンを始めました。
    とある方がtwitterで「今、産まれました-!」とつぶやいている友人に「ベビログ2010をプレゼントしてあげよう!」とリプライしているのを見たときに、何とも言えない幸せな気持ちになれたのがことの発端です。
    お子さまが産まれて喜ばれているパパ、ママにベビログ2010でお子さまの写真をたくさん撮って思い出として残してもらえたらこんなに嬉しいことはないなと心から感じます。
    弊社としても十分な資金力があるわけでは決してないのですが、月間100名にプレゼントしても予算的には1万円にもなりませんので、それで多くの方に喜んでもらえて、ベビログ2010を使ってもらえたらこんなに嬉しいことはありません。
    iPhoneアプリは安いので中々収益を上げることはできませんが、(弊社でもまだ開発費さえ回収できていませんTT)、安い分、このように気軽にプレゼントできることを考えるとアプリを作って本当によかったなと心から感じています。
    もし趣旨にご賛同いただければ、twitterやブログでぜひご紹介くださいませ!
    【キャンペーン概要】
    お子さまが産まれたときに、twitterで「出産なう!」とつぶやかれた方(パパ、ママ)にベビログからささやかなお祝として「ベビログ2010」をプレゼントさせていただきます!
    ■キャンペーン告知ページ
    http://babylog-app.net/jp/babylog2010.html
    ■キャンペーン期間
    2010年5月11日(火)~(年内終了を予定)
    ■対象者
    1. twitterアカウントを開設していること
    2. iPhoneを有していること
    3. ツイート(つぶやき)にハッシュタグ「#babylog」が挿入されていること
    4. ツイート(つぶやき)にアプリの紹介URL「http://bit.ly/cnk7Kl」が記入されていること
    5. 産まれたお子さまのパパ・ママ本人であること
    ■賞品
    フォトアルバム整理アプリ「ベビログ2010」
    ■応募方法
    ツイート(つぶやき)に産まれたことと、ハッシュタグ「#babylog」、アプリの紹介URL「http://bit.ly/cnk7Kl」を記入してください。
    ■プレゼントの送付方法
    アプリはiTunes経由でメールで送らせていただきます。
    iTunesをパソコンにダウンロードされていないとiPhoneにインストールできませんのでご注意くださいませ。
    ※iTunesはAppleのホームページから無料でダウンロードできます。( http://www.apple.com/jp/itunes/download/ )。


    babyloghp.jpg

    昨日は、主宰している大阪の起業家勉強会「wisdom sharing work shop」(通称ウズウズ)の3周年記念でした。
    2007年4月20日に第1回目を開催し、毎月1回開催し、36回目を迎えたわけです。

    ・みんなの知恵を共有して助け合いながら成長いくこと
    ・決して営業目的で参加しない

    この2つのコンセプトだけはしっかりと守り、あとは自由に、臨機応変にやってきたことが功を奏して3年間継続することができました。
    そして何より、様々なジャンルの方が参加し、そして、その専門的な知識・知恵を惜しみなく共有していただいたことがウズウズを発展させてくれたのだと思います。
    これまで参加いただいた皆さま本当にありがとうございます。
    今回は3周年ということもあり、これまでと少し違った趣きのことをやろうと、Ustreamとtwitterを活用して行いました。
    Ustreamで勉強会の内容をLIVE配信して、twitterは勉強会のことについてつぶやいている内容を会場の全員に見えるようにスクリーンに映し出しました。
    もちろん、つぶやいている人は会場に来ている人だけではなく、Ustreamを見ている人も含まれるわけです。

    3years2.jpg

    結果はとてもおもしろいものになりました。
    講師の方が質問するのですが、90名近くいる参加者誰もが手をあげません。
    さすがにこれだけ参加者がいると緊張して手があげにくいのでしょうね。
    しかし、これとは正反対にtwitter上ではバンバン回答がつぶやかれていきます。
    その中には会場に来ている方も含まれています。
    手は上げられないけどつぶやくことはできるという何とも日本人らしい性質を垣間見ることができ、twitterとかネットって自己主張が苦手な日本人にピッタリだなぁと改めて実感した次第です^^;
    また、Ustreamを見ていた方は延べ300人くらいおり、その方たちも積極的につぶやかれます。
    これまではセミナー中に参加者の声を聞くことが中々できなかったわけですが、twitterを使えばいとも簡単にできてしまい、しかも、Ustreamを使うことで会場に来ていない方の声もリアルタイムで聞くことができるのです。
    これまでにはなかったスタイルの在り方でいろんな意味で今年は変革の年だなと実感した次第です。
    今回、非常に多くの方に参加いただきました。
    最終的には90名近くの方に参加いただき、これまでの最高人数となりました。

    3years.jpg

    これだけの人数が集まったのは3周年記念ということもありますが、それより何より講師役を勤めていただいた中嶋茂夫さんの知名度があってからこそだと思います。
    セミナーの内容が良いことはもちろん、人柄もとてもよい方で記念すべき回にご依頼して本当によかったなと思いました。
    そうそう、何と参加者全員に今年2月に出版された「アメブロだからできる パワーブロガーになって夢を叶える方法」をプレゼントしてくれたんですよ。しかもお忙しい中、一人一人の名前を入れてサイン入りで。(90冊分書くのはほんと大変だったと思います。)
    オープニングのキーポイントにはウズウズ3周年のお祝を入れてくれたりと、いろいろとお気遣いいただき3周年記念に花をそえてくれました。
    中嶋さん本当にありがとうございました。
    今回のLive配信は録画もされており、こちらで見ていただくことができます。
    お話いただいた「twitter&アメブロ活用」にご興味がある方はぜひご覧くださいませ。
    ※今回のUST配信をすべてやってくれたのは@pro_hideさん。何と6台のカメラとデスクトップPCを持ち込んで!)
    そんなこんなで多くの方の協力を得て、無事3周年記念を終えたわけですが、これからも皆さまと知恵を共有しながら、お互いに成長し、そしてウズウズ自身も成長させながら、10年、20年と続けてまいりたいと思います。
    今後ともウズウズをどうぞよろしくお願いいたします!

    大阪の起業家 勉強会
    wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤
    ~知恵の共有ワークショップ~


    プロフィール

    板羽宣人の写真

    株式会社ベビログ
    代表

    板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

    地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

    当ブログへのメールはこちらから

    はじめて来られた方へ

    活動実績

    月別のエントリー

    最近のエントリー

    経営者仲間のブログ

    サイト内検索

    コンテンツメニュー

    • ホーム
    • 代表メッセージ
    • 会社案内
    • アクセス
    • 事業内容
      • ベビログ
      • 関西テニスネット
      • テディベアタイム
      • お祝いギフト工房
    • マスコミ掲載履歴
    • 社長ブログ
    • 採用情報
    • お問合わせ

    ページトップに戻る