株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

今一生懸命IAGのプレゼンの資料作りに励んでいます。
その中で、なぜ私がこの事業をしようとするのか、そして自分がすることの強みは何かということを考えていました。
中々まとまらないのでここに文脈がない文章を書き綴りたいと思います。^^
———————————
私の理念は『家族愛』です。
これは私の人生の理念でもあり、経営理念でもあります。
現在、社会では痛ましい家族間の事件が頻発しています。
それは意志の疎通がおろそかになっており、親の愛情を感じることができないことが起因しているように私は感じています。
「子どもに親の愛情を感じてもらうこと。」
それには幸せなメモリアルな瞬間をより感動の残るものとし、それが形として残り、いつでも思い起こしてもらい、幸せな瞬間を追体験してもらうことが重要なことではないかと考えます。
家族間の意志の疎通がおろそかになっている現状はテレビ、テレビゲーム、インターネットといった文明の進化が生み出した娯楽がひとつの原因としてあり、中でもインターネットはそこから何でも手に入れることができ、ひきこもりや家族のコミュニケーションを阻害している大きな一因になっているように私は考えます。
しかし、インターネットはこれからの時代欠かせないものであり、今後ますます活用されることは明らかなことです。
それならば悪い面に注目するのではなく、良い面の特性を生かして家族の絆を強めることはできないのかと考えたのが子どもの成長をインタネット上で記録するベビログを思い立ったきっかけです。
そしてデータだけではなく、メモリアルなものを形に残すことでよりリアルに幸せな瞬間を追体験してもらいたいという思いが子どもの持ち物を用いたメモリアル商品の製造・販売事業を思い立ったきっかけです。
家族の幸せを第一に考える私だからこそ、お客様にも幸せを感じてもらえる事業ができる。
そして、家族が幸せになれば社会も幸せになる。(シドさんいい言葉をありがとー!)
そうした思いを理念とし、ベビログを運営してまいりたいと考えています。
———————————
うーん、うまくまとまらない。^^;しかもかなりおこがましいことを言っているような。
もうしばらく悩みたいと思います。


大阪市が支援するIAGベンチャービジネス事業発表会の書類審査に通過することができました。
正直、かなり難関だと予想してましたので素直に喜んでます。
これに提出した事業計画書は以前の日記で書いた、本当にベビログを実現させるかどうか迷っているときに自分の中で確認するために書いたものを元にしています。
書いている途中で”やはりこのサービスは実現させるべきだ”と認識してからの内容はかなりの熱意が込められてましたのでそれが上手く伝わったのだと思います。
来週にプレプレゼンがあり、月末にはいよいよ本番です。
関西の大物経営者に直接プレゼンできる絶好の機会です。
最終的に受からなくても、一人の経営者には必ず興味を持ってもらえるようがんばりたいと思います。
さー、これからますます忙しくなるぞー。


babylog.jpg
ベビログのトップページラフ案が出来てきました。
まだイメージと若干離れていますので、現在再度デザインし直していただいてます。
さて、現在ベビログではトップページを飾る子どもモデルを募集しています!笑
わが子こそ一番という親ばかのみなさん、奮ってご応募くださいませ。
0~3歳ぐらいのお子さんを募集しています。
採用の可否は制作会社に一任していますので、あしからず。^^


息子が3歳になりました。
アッという間だったような長かったような。
とにかく特に大きな病気もなくスクスクと元気に育ってくれています。
これも妻が愛情を持って一生懸命育ててくれているからだと感謝しています。
ありがとう。<(_ _*)>
子どもが生まれるまではスクスク育っていくことが当たり前のように感じていましたが、五体満足に育っていくってことは本当はすごいことですよね。
そういうことからも私をここまで育ててくれた両親を尊敬し、そして感謝します。
ありがとう。<(_ _*)>
子どもを育てていく中で、この年になってもこうしたいろんなことを教えられています。
私も少しずつですが、まだ成長できているようです。


Date : 2006.9.4

親の思い

一昨日、家に帰ると息子が体調をくずして寝込んでいました。
子どもは元気なときとしんどいときの様子の差がはげしいので、ぐったりしている姿を見るとものすごく心配です。
そんな息子の頭をなで、すやすやと眠る顔を見ながら自分の幼いときのことを思い出していました。
私は1歳のときに原因不明の心臓病にかかりました。
その病気は現代の医学をもっても未だ原因不明のようです。
そして成人するまでは再発の可能性があり、私は20歳を超えるまで定期的に検査に通っていました。
小学校低学年まではプールにも入れず、もちろん激しい運動も控えさせられていました。
高学年になり通常の子どもと同じように運動ができるようになったのですが、入りたかった小学校でのサッカースポーツ少年団、そして中学校での野球部は親に認めてもらうことができませんでした。
練習が厳しくないからということで認めらたテニス部に入るわけですが、それが一生の趣味となっているのですから何がきっかけになるかわかりません。笑
今となっては、親が私が病気になったときどれだけ心配をしたのか、またサッカーや野球をしたいと言ったときどういう気持ちだったのか、そして無事成人式まで迎えたときどれほどうれしかったのか痛いほどわかります。
母は私の入学式、卒業式のときにいつも涙ぐんでいました。
そのときは「大げさだなぁ」と思っていましたが、それはよくここまで無事育ってくれたという気持ちが溢れていたのだと思います。
こうした親の気持ちというのは実際に自分が親にならないと分からないものです。
昨今、親子間の痛ましい事件が頻発しているのは意思の疎通がうまくできず起こっているように私は感じています。
私が提供するベビログで、子どもが物心がついたときに自分の成長記録を読んでいく中で親の気持ち、愛情を感じ取ることができれば心のすれ違いが少なくなり、痛ましい事件や非行の防止といったことにもつながればいいなと考えています。
そして子どもがインターネットを使えるようになれば子ども自身が記録をつけるようになり、親がコメントをつけるといった交換日記的な使い方をしてもらえれば素敵だなと思います。
少しでも社会に貢献できるサービス。それを目指していきたいと思います。


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る