株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

friends.jpg

息子に素敵な友達ができました!
ニセコカントリーリゾートのスタッフでオーストラリアから来ているマーロン。
スポーツ万能で、料理が上手くて、やさしいと3拍子揃ったナイスガイ!
もちろん息子が一方的に友達と思ってるだけですが、マーロンの姿を見ると急いで外に飛び出し、彼に見つけてもらいます。
見つけてもらうというのがポイントで、息子は人見知りというか、上手く大人に甘えることができないので、自分からストレートに声をかけることができないのです。(この辺は私の血を間違いなくひいていると思います(笑))
昨日はロッククライミングに連れて行ってもらい、大喜び。

rock.jpg

そして今日はスケボーを教えてもらって大喜び。

skate.jpg

skate2.jpg

skate3.jpg

skate4.jpg

これからカントリーリゾートを離れるまで、彼のマーロンに対するストーカー生活は終わらないと思います。(笑)
カントリーリゾートのスタッフの方は皆さん、気さくで本当いい人ばかり。
過ごせば過ごすほど、カントリーリゾートに来て良かったと思えることばかりです!


早くもニセコ滞在3日目です。
時間が早く感じるのは、やはり生活が快適だからだと思います。
気候や自然が素晴らしいのはもちろんですが、滞在しているコテージもとてもすばらしく満足しています。
一応仕事がメインで来てますので、やはり一番重要なのはネット環境。
高速光回線が用意されており申し分ないです。もちろん無線LANも。
1階部分はリビングとキッチン、お風呂と洗面所、洗濯スペース、4畳半ほどの納戸。

台所には食器やレンジ、炊飯器など生活に必要なものはすべて完備されています。

そして、2階は二つのベッドルームとトイレ。


とても快適なのですが、ひとつだけ問題が!
外国人向けのコテージなので、すべてがビッグサイズということです。
例えば、この食器を見てください。
横に置いてあるiPhoneと比べてもらうと大きさがよく分かると思います(笑)

手をプルプルさせながら、コーヒーを飲んでいます(笑)
しかし、大きくてとてもうれしいものもあります。
それは、お風呂!
足を思いっきり伸ばして入ることができます。

実はもうひとつの候補地だったマンション型の部屋はバスタブがありませんでした。
1日2日の旅行であれば、多少我慢できますが、長期滞在するときはこうしたところもしっかりと調べることが重要だなぁと感じています。
うん!ほんといいところです、ニセコカントリーリゾート。
お勧めです!


昨日は長旅に疲れて、バタンキュー。
ベッドは二つくっつけてもらって、親子3人川の字で眠りました。

実はベッドルームはもうひとつあります。
ぜひお時間ある方は遊びに来て下さい。本気です(笑)
さて、今日は2件の取材が入りました。
朝一でテレビ北海道(テレビ東京系)の経済ニュース番組「けいざいナビ」
tvhokkaido00.jpg
2時間ほどインタビューや、仕事姿、そして、家族団らんで過ごす姿など撮影いただきました。

お決まりの「いらっしゃいませー」の撮影も経験しました(笑)

そして、お昼からは北海道新聞の取材。

hokkaidosinbun.gif

※撮影者は息子。なかなかのものでしょう^^
双方の取材とも聞かれたことはだいたい同じでした。
・なぜニセコを選んだのか?
・仕事は大丈夫なのか?
・実際来てみてどうか?
・周りでもこういう動きは出てきているか?
etc…
ニセコと言えば、これまで冬に海外からの滞在者が来て、夏はどちらかと言えば閑散としていたそうです。
それが、今年になって震災の影響もあるのか、日本人の滞在者が昨年に比べて倍増しているそうです。
実は明後日にも1件取材が入っています。
これで少しはインタビューなれすればいいなと密かに思ってます(笑)


いよいよ約1ヶ月のニセコでの生活のスタートです。
倶知安町観光協会からいくつか紹介していただいたのですが、今回私たちが選んだのはThe Chalets at Country Resort(ニセコカントリーリゾート)!

もうひとつマンションタイプの候補があったのですが、子供を連れて行くということもあり、マンションタイプだと周りに気を使わなければいけないこと、またそちらはニセコの中で少し賑やかなところにあるということで、今回は静かに生活したかったので、ニセコカントリゾートを選びました。
ニセコカントリーリゾートは一軒ずつのコテージであり、一軒一軒離れているので、周りに気を使うこともなく、また中心地から少し離れた箇所にあるので、とても静かです。

アクセスは伊丹空港から新千歳空港まで約2時間。
新千歳空港からニセコまでバスで3時間。
計5時間ほどで到着です。
今回私たちが滞在するコテージはこちら。

外観もきれいですが、内装もとてもおしゃれできれいです。
はじめての長期滞在。
少々不安ではありますが、これに慣れれば今後いろんなところで仕事ができるようになると思いますので、とてもよい経験になるのではと思っています。
また、起業してからというもの、家族と一緒に過ごす時間も短くなっていましたので、ここに来てからはパパとママとずっと一緒に居れると息子も大喜びです。
さて、どんなライフスタイルになるか私自身が楽しみです!


昨年の夏は本当に暑かった!
暑くて、暑くて夏バテで仕事がまったくはかどらず、何とも生産性が悪い期間でした。
もう懲り懲りで、昨年の9月4日にこんなツイートをしてました。

決めた!来年の夏は1ヶ月間避暑地で仕事する!候補地を探すのだ!less than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply


そして、先日8日に平年より10日ほど早く梅雨明け宣言がなされ、今年も夏がやってきました。
今年も暑くなりそうです!
有言実行と言う事で、今年は8月の約1ヶ月間北海道ニセコに事務所を移すことにしました。
当初は軽井沢など長野を中心に探していたのですが、なかなかピッタリのところが見つからず、どうしたものかと思っているときに、とあるホームページにいきつきました。
それが、ニセコがある倶知安町観光協会のホームページでした。
なんとそこには、こんな文字が!
「夏の間ニセコに移住しよう ニセコリゾートオフィス” プロジェクト」
まさに私に向けたメッセージで、一気に心がニセコに傾きました。
ニセコのことを調べていけば行くほどその魅力に魅せられて、数日後にはニセコに行くことを決めていました。

オフィスとして利用できるように、高速インターネット回線や電話なども標準装備されており、もちろん家具や調理器具なども用意されています。
ニセコの中でもこうした用途に長期貸出している建物はいくつかあり、マンションタイプや戸建てタイプなどあるのですが、ゆっくりと過ごしたかったので、今回は中心部から少し離れた戸建てを借りることになりました。
内装はこんな感じで、何とも快適に過ごせそうです。

nagatoro00.png

nagatoro01.png

natatoro03.png

バルコニーから見える羊蹄山。

nagatoro04.png

弊社の主力事業はサイト運営ですので、どこででも仕事が可能です。
今回のニセコ移住で、そのコツをつかんでしまって、今後季節にあわせて最適な場所で仕事をしてみたいなと考えています。
ニセコから帰ってきたら、9月にはサンフランシスコ・シリコンバレーに行く予定をしていますので、気に入ったら、来年の夏はその辺りで仕事をしているかもしれないなと真剣に想像してしまいます。
今後同じようにノマドライフを目指される方に向けて、準備のこと、実際に行ってみてどうだったかなど随時このブログで報告していきたいと思います。
なんとも8月が待ち遠しいです!


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る