”ドラゴン桜”を聞く

ドラゴン桜 (1) (モーニングKC (909)) ドラゴン桜 (1) (モーニングKC (909))

講談社 2003-10-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今日は伊丹産業情報センターで講演を聞いてきました。
講師は実体験がモデルになった「ドラゴン桜」担当編集者 佐渡島庸平さん。
聞きに来ていた人が保護者層が多かったので勉強・教育的なお話が中心でしたが、起業、仕事にも応用できる内容で非常に得るものが多かったです。
いくつもよいお話があったのですが、その中でも特に私が感銘を受けたお話を3つ紹介します。
◎『二重目標』を持つ大切さ
日記を毎日つけようという目標を持ち、結局三日坊主になる人がたくさんいる。
それは『二重目標』を持つことで回避することができる。
まず大きな目標、毎日書くということ。
そしてポイントになるのがもうひとつ、『必ず最低限できる目標』も作っておく。
例えば、どうしても書けないときはその日に食べた晩ご飯のメニューだけでも書くということを決めておく。
はじめに立てた毎日書くという目標を実践できないと、そのうちその目標を捨ててしまうことになる。
そしてしょっちゅう目標ばかり立てている人になってしまう。
しかし、最低限の目標を立てておき、それを実践すればその目標はずっと残ることになる。
そして最終的に目標を達成したあとに得られるものを得ることができる。
◎『リフティング理論』
これはドラゴン桜の中にも出ているそうです。
サッカーのリフティングでまず30回できるようになるという目標を立て、がんばった結果それを達成する。
たいていの人は次は50回できるようになるという目標を立てたがる。
しかしなかなか達成できずイヤになり挫折してしまうということがよくある。
佐渡島さんの理論は、30回できたら次は、
・左右の足を使って30回やってみる。
・30回を短い時間でできるようにやってみる。
そのように、できることを伸ばしていくことで結果的に50回できるようになる。
勉強で言えば小学校2年あたりで、二桁の引き算が出てくる。
”17-7= ”とか”14-8= ”といった問題は解けるが、”54-21= ”といった問題は解けない子が出てくる。
そのときにたいていの親がやるのは”54-21= ”と似た問題をたくさんやらせる。
でも子どもはそれを解くのにものすごく時間がかかってイヤになってしまう。
佐渡島さんの理論ではそうしたやり方ではなくて、”17-7= ”といった問題をたくさん解かせる。
できる問題をたくさん解かせることで、早く解けるようになること、できるという自信をつけさせる、そして数をこなすことで
物の本質をつかませて次のステップも容易にクリアすることができるということです。
◎『あと半歩つめる』ことの大切さ
佐渡島さんはこれまでスラムダンクの作者「井上 雄彦さん」やハッピーマニアの作者「安野モヨコさん」なども担当されていたそうです。
二人ともすごく一流なんだけど、片や井上さんは日本ではじめて100万部を超える作品を二つ以上出している、しかし安野さんの作品はどんなに売れても30万部なんだそうです。
二流と一流の人は話すとすぐにわかるけど、一流と超一流の人はほとんど変わらず、佐渡島さん自身もずっと何が違うのかわからなかったそうです。
最近やっと気づいたらしいのですが、その差は「これで十分」と思ったときにあと半歩つめることができる人だということです。
井上さんはこのあたりのことがしっかりできているそうです。
その半歩は髪の毛一本分くらいの小さなものだけど、それが積み重なると非常に大きな差が出るということでした。
う~ん、やっぱりセミナーや講演会っていいですね。
本で読むだけでは得られないものが多く得られます。

こんなところで起業準備してます

今お世話になっている大阪産業創造館の創業準備オフィスの写真です。
こちらは6ヶ月間の起業準備期間のみ入居することができ、様々な面でサポートしていただける場所なんです。
公務員からの起業とビジネスの「ビ」の字も分かっていない私にとっては何とも有難い制度です。
入居してから約1ヶ月。
ようやく慣れてきましたので、ちらっとご紹介したいと思います。
携帯で撮った写真ですので、写りの悪さはご愛嬌ということで。

14F.jpg

1枚目がオフィスからの風景。
14階にあるのでなんともいえないいい眺めです。

office.jpg

2枚目がオフィス入り口から撮った写真です。
今日は土曜日ということもあって、オフィスにいるのは私ひとりです。
なんとも贅沢な空間の使い方ですが、実はすこし寂しくもあります。^^;

F4.jpg

3枚目が私のデスクです。
先日までB5サイズのVAIOを使って仕事してましたが、あまりの効率の悪さに家のリビングで使っていた一体型のPCを使っています。
ここが私の第2の人生のスタート地点です!
男31歳、妻と2歳の息子を抱えてゼロからのスタート。
がんばります!
どうぞあたたかく見守ってやってください。
大阪産業創造館
http://www.sansokan.jp/

ベビログ-babylog.jp-運営者:板羽宣人のプロフィール

■略歴
1974年 兵庫県西宮市生まれ
    三重県立上野高校卒、関西大学社会学部産業心理学専攻卒。
1998年 吹田市(大阪府)入庁。
2006年 退職し、大阪産業創造館 創業準備オフィスにて起業準備。
2007年 子供の成長記録サービス「ベビログ」を立ち上げ、個人事業主として創業。(屋号:メモリーズ・イン・タイム)
2009年 法人成りし、株式会社ベビログを設立。
■所属
株式会社ベビログ代表取締役
大阪産業創造館あきない・えーど登録専門家(IT・e-ビジネス)
SMBCコンサルティング(三井住友銀行グループ)アライアンスアドバイザー
大阪の起業家勉強会『wisdom sharing work shop』(通称ウズウズ)主宰
■現在の事業
ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなどインターネットメディアの自社運営。
また、その運営ノウハウを基に、中小企業を中心にコンサルティング、ホームページ制作、SEO対策などを請け負っている。
■主な運営サイト
 子どもの成長をネット上に記録するサービス
 『ベビログ-babylog-』http://www.babylog.jp/
 出産祝いメモリアルギフト専門店
 『ベビログスタイル』http://www.babylog.jp/store/
テディベア通販専門店『テディベアタイム』
  https://www.teddybear-time.com
 オーダーメイドメモリアルギフト専門店
 『memories in time』http://memories-in-time.net
関西のテニス情報ポータルサイト『関西テニスネット』
http://kansai-tennis.net/
 HP運営ノウハウを3ヶ月で習得できるスクール
 『ベビログインターネットスクール』
http://www.babylog-school.jp/
 『大阪WEB活性化プロジェクト』
 http://www.web-consulting-service.com
 大阪の起業家勉強会『wisdom sharing work shop』
 http://wsx2.net
■ソーシャルメディア
 【ブログ】http://babylog.co.jp/blog/
 【mixi】http://mixi.jp/show_profile.pl?id=4435110
【twitter】http://twitter.com/babylog_itaba
<ごあいさつ>
昨今、社会では親子間の痛ましい事件が頻発しています。
それは意志の疎通がおろそかになっており、親の愛情を感じることができないことが起因しているように私は感じています。
「子どもに親の愛情を感じてもらうこと。」
それには幸せなメモリアルな瞬間をより感動の残るものとし、それが形として残り、いつでも思い起こしてもらい、幸せな瞬間を追体験してもらうことが重要なことではないかと考えます。
家族間の意志の疎通がおろそかになっている現状はテレビ、テレビゲーム、インターネットといった文明の進化が生み出した娯楽がひとつの原因としてあり、中でもインターネットはそこから何でも手に入れることができることから、ひきこもりや家族のコミュニケーションを阻害している大きな一因になっているように私は考えます。
しかし、インターネットはこれからの時代欠かせないものであり、今後ますます活用されることは明らかなことです。
それならば悪い面に注目するのではなく、良い面の特性を生かして家族の絆を強めることはできないのかという思いから「子どもの成長をインタネット上で記録するサービス-ベビログ-」の運営を開始いたしました。
ベビログには成長を記録するために、様々な機能がついています。
しかし、ベビログは子どもの成長を記録するものだけではありません。
両親、おじいちゃんやおばあちゃんをはじめとした、子どもを愛するみんなの思いを残すことができるもの、そして子どもがどれだけ愛されているか気づくことができるもの、そして家族間のコミュニケーションをはかることができるツールとして作成しました。
ベビログのコンセプトですが、それは”家”です。
現代社会は核家族が大半となり、家族間のコミュニケーションがおろそかになっています。
空間的に離れていても、ベビログという同じ屋根の下で思い出を一緒につくっていき、そして共有する。そうすることで、子どもの成長というものを軸に家族間のコミュニケーションがはかることができます。
また、データだけではなく、メモリアルなものを形に残すことでより、リアルに幸せな瞬間を追体験してもらいたいという思いからオーダーメードメモリアル商品専門店「memories in time」を同時に立ち上げました。
「家族が幸せになれば社会も幸せになる」
そうした思いを理念とし、ベビログを運営しております。
皆様のよりよい思い出づくりに少しでもお力になることができればこんなにうれしいことはございません。
そしてご家族の幸せを心よりお祈りいたしております。

itaba2.jpg

<ベビログについて>
ベビログは子どもの成長をネット上に記録するツールであり、日記をつけることができ、 それに対してコメントをつけることができるというブログ機能。
動画、画像、音声といったファイルもカテゴリーや日付別に整理保管できる電子アルバム機能。
そして、友達と友達をつなぐSNS機能、カレンダー機能などが主な機能です。
子どもの成長を記録するツールであるベビログですが、それだけのツールとして開発していません。
子どもの成長という空間を軸として、みんなで思い出をつくり、その思い出を共有するもの。
そして、そうした体験の中で、子どもを中心に、とりまくすべての人のコミュニケーションを円滑にはかれるツールなのです。