そして帰国へ

いよいよ日本への帰国日です。
14時発の飛行機だったので、ゆっくり準備をし、空港へ。
帰りの便も3席押さえることができたので、とても快適なフライトになりました。(これ本当オススメです!)

関空について、感じたことは「あれ?いつもと帰ってきた感想が違う」ということでした。
いつも海外から帰ってきて思うことは「やっぱり日本はいいなぁ。」ということ。
今回はこの感覚がないのです。これには自分でも驚かされました。
「やっぱり日本はいいなぁ。」と感じる理由は、食事があわなかったり、生活するのに不自由があったり、快適さを感じられなかったり、不満を感じることで、そのような感想を持つと思うのですが、振り返ってみると、今回のマレーシアの滞在ではそういった不満がなかったのです。
料理は最高に美味しかったし、訪れた場所も観光地の騒がしい場所は1日だけで、他の日は通常のマレーシアの生活が感じられる場所ばかりに北城さんが連れて行ってくれました。
ホテルも日本よりも安く、日本で宿泊する同金額を出すと1ランク上のホテルに宿泊することができ、タクシーも日本よりかなり格安です。

そうした日本にいるよりも1ランク上の生活をできたことで、単なる贅沢ではない生活の質を上げることができたことがトータルでの満足度につながっているような気もします。
マレーシアに来て感じたことは、これまでは物欲はもうなく通常の日本での生活に満足をしていると感じていたのですが、こうした1ランク上の生活をすることでの生活の質を高めることを目指してもいいのではないかということです。
中国系マレーシア人の孔さんの豪邸ではメイドさんが住み込みで働いていました。
金額を聞くと想像以上に安く、自分がマレーシアで生活するのであれば、十分に支払うことを検討できる金額でした。
日本では、妻がテディベアショップの運営をしながら、家事、子育てに日々あくせくしてがんばってくれています。かなりのストレスをためていると思います。
こんなときに気軽にメイドさんを雇えて、家事を手伝ってもらえれば、妻の生活にもゆとりができて、生活が豊かになると思うのです。
単なる贅沢ではなく、それを利用することで生活の質が高まることを今後は留意して生活してみようと思います。
その1つとして、まず始めようと思っていることは北城さんのお店の高級茶を飲むことを生活に取り入れること。

飲むことで落ち着くことができ、幸せな時間を過ごすことができる高級茶は決してものすごい贅沢ではなく、年間の購入費もそれほど高いものではありません。
それが、普段飲んでるお茶と比べると高いため、ものすごい贅沢をしてしまっている感覚に陥るのですが、少しの費用をプラスアルファするだけで、生活を豊かにすることができる非常に費用対効果の良いものだと思うのです。
生活を豊かにするために、生活の質を高める。
今回の旅で気づいた私にとっては大きなポイントです。

いよいよマレーシア最後の夜

今日はどうも体調がすぐれません。
12時間近く寝たのに、寝足りない。倦怠感がひどく、手足がしびれた感じがあるのです。
今日、明日でマラッカに行くつもりだったのですが、無理をしないようのんびりすることに予定を変更しました。
たまっていた仕事をこなすために、近くのスタバでしばらく仕事をしていたのですが、体がだるくて仕方ありません。しんどいというよりも、だるいのです。
これは休んだ方がいいなということで、すぐにその日のホテルを取りしばしの昼寝。
夕方に起きたのですが、まだ眠いのです(笑)
取り敢えず、お腹も空くのでご飯を食べに出て、またすぐに寝てしまいました。
翌朝、随分と倦怠感はとれてましたが、まだ、手足に軽いしびれを感じるので、この日も特に予定を入れずに仕事をゆっくりとこなすことにしました。
北城さん曰く、ドリアンの食べ過ぎによるミネラルの摂り過ぎから来ているものではないかとのこと。
やはり物には限度がありますね。これからは食べ過ぎに注意しようと思います(笑)
夜には体調もかなりよくなり、最終の夜ということで北城さんが食事に誘ってくれました。連れて行ってくれた先は刺激的で威圧的なインド料理屋さん。

味が刺激的で威圧的なのはもちろんのこと、店員さんの態度もかなり威圧的でした(笑)
頼んだ料理は2人前でこの量!

いやー、インド料理ってすごいですね。
ある一定の量を食べると、どんなに無理をして食べようと思っても決して入らないのです。
日本ではどれだけ食べても、デザートは別腹だったりして、お腹に隙間がある感覚なのですが、インド料理は違います。
一口食べると上からグッ、グッっとヘラで押されて、これでもかと言うぐらい隙間を埋めていかれる感覚です。
残したらインド人に怒られるという北城さんの脅しもこの異常な満腹感には勝てず、残してしまいました。
その後は、北城さん行きつけの本格的なタイ式マッサージ店へ。
2時間みっちりとアクロバティックなマッサージを含めて受けて、なんと日本円で2000円程度。近くにあれば頻繁に通ってしまうと感じる心地良さでした。

夜中1時頃にホテルに戻り、明日のフライトにそなえて就寝。
北城さんのおかげで、最終日の夜も充実した時間になりました。
最近のお決まりの締め言葉になりますが、北城さんには本当感謝感謝です。

東洋の真珠、ペナン島へ!

今日はなんと北城さんが、美しい景観から「東洋の真珠」と言われているペナン島に1泊旅行に連れていってくれることになりました。
北城さんは以前、ペナンに住まれており、第2の故郷とのこと。
朝9時にクアラルンプールを車で出て、13時ごろに到着。
そこから向かった先は、こんな山奥に本当にあるのかと思わせる場所にあるレストランへ。
こんなジープでしか走れないような山道をどんどん進みます。

そして到着!!
なんと・・・・お店が移転してました(;_:)

気をとりなおして、移転先のお店へ。
ジャングルの中での食事とはなりませんでしたが、とてもおいしい魚料理をいただきました。

※移転前のお店の様子は北城さんのブログを見てください!
レポート1
レポート2
その後は海岸へ。
観光客が来ないビーチで、まるでプライベートビーチのよう。

食事はペナンを知り尽くした北城さんが、一番美味しい海鮮料理を出すお店という「海洋青」へ。

翌日は、植物園へ。植物園と言っても、日本の植物園を想像してはいけません。
原生林を生かした巨大な敷地内は自然に溢れています。
妻と子どもを連れて来てあげたいなと思わせる場所でした。

その後は念願のドリアンを食べに!

臭くてとても食べられないと思っていたドリアン。
ところがどっこい。一切嫌な匂いがしません。
それどころか、とても美味しくて二人で3つも食べてしまいました。
実はドリアンは採ってから24時間経たなければ臭くならないのだそうです。
北城さんが連れて行ってくれたところは、採れたてを販売している場所だったのです。
調子にのって食べに食べたドリアン。
実はドリアンを食べた後に通称”ドリアンゲップ”が止まらなくなるのですが、こいつにはやられました(笑)
その後、海沿いをのんびり歩いていると、ホテルのスタッフの方が「津波警報が出ている」と教えてくれました。
どうやら、でかい地震があったようです。
車のラジオを聴くと、スマトラ沖でM8.6の地震があったとのこと!
2004年に起こったスマトラ沖地震ではペナン島にも津波が襲い、死者を出す大きな被害があったとのことで、生きた心地がしないまま、車で急いで島を脱出。

penang.jpg

幸い、今回は津波の被害はありませんでしたが、生と死の境は紙一重だなと感じさせてくれる一件でした。
そんな訳で、またもや北城さんにお世話になりっきりの2日間になりました。
北城さんには本当を足を向けて眠ることができません^^;

お茶の世界へ

今日は東南アジア最大の複合商業施設「ミッドバレー」にお店を出す北城さんのお店へ。

そこで様々なお茶をいただき、お茶の奥深さを教えてもらいました。

こちらの北城さんのお茶への取り組み方が半端ないです。
美味しいお茶があるところにはどこの国のどんな場所にでも赴きます。
下記の動画は雲南省へ野生に生えているお茶を求めて行ってきたもの!

初めに入れていただいたお茶にとても美味しくて感激したのですが、実はそれは序の口でした。
2杯目、3杯目と杯を重ねるとともに、お茶のグレードをあげていただいたのですが、一度グレードが上がったお茶を飲むとその前に飲んだお茶が物足りなくなってしまうのです。

元々北城さんのお店では高級茶を扱っているのですが、その中でもグレードの高いお茶を次々にご馳走になりました。
台湾の大統領が愛飲しているようなお茶、樹齢300年の木から取れたお茶、1年で1kgくらいしか取れないお茶etc….
お茶って本当に不思議な飲み物だと実感しました。
高級なお茶って何杯でも飲めてしまうのです。そして、酔ってしまうのです。
飲み進めていくと頭がぼーっとしてくるのです。(これはお茶の中に含まれるミネラルが高級茶には豊富に含まれるため起こるそうです。)
北城さんは茶器にも非常にこだわりをもっており、茶器をつくる土のこだわりから始まります。
茶器によってお茶の味もまったく異なると言うのです。

その証明として、北城さんがしてくれたことは、茶器の注ぎ口を0.5秒ほどお茶につけるのです。するとなんと不思議なことに味がまろやかになるのです。
それがとても分かりやすかったのはりんごジュースで試したとき。
りんごを擦ったジュースをそのまま飲むとすっぱくて酸味が強い味だったのが、同じように茶器の注ぎ口をつけることで、酸味が消え、とてもまろやかな味になったのです。
これには本当に驚きました。
お茶をいただいていたこの時間はとても落ち着いた時間であり、良いお茶がある生活は豊かになると感じました。
これを機会に私もお茶の世界を楽しんでみたいなと心から思いました。
※高級茶葉専門店 HOJOのホームページ
その後、PELITA NASI KANDARというカレー屋さんに連れて行ってもらいました。

そこのカレー屋さんはいろいろなカレーを混ぜて食べるのですが、とても美味しく近くにあったらしょっちゅう通ってしまうと思わせる味でした。

きっとこのお店は日本で展開しても人気がでるんじゃないかなぁ。

昼食後はしばらく北城さんのオフィスで仕事をさせてもらい、夕方はこれまじ!の取材。
取材させていただいたのは、北城さんに紹介いただいたマレーシアで日本人向けのフリーペーパーを発行する会社を経営する倉橋さん。

kurahashi.jpg

マレーシアならではの何とも壮大なこれまじ!を紹介していただきました。
詳細は後日、これまじ!でアップしますので、お楽しみに!
そんなこんなで、今日も北城さんにどっぷりとお世話になった1日になったのでした。
北城さんのおかげで何とも充実した、マレーシアの旅になっています。
感謝です!

中国系マレーシア人の方々との交流

昨夜は4時30分に寝たにも関わらず、8時にぱっちりと目が覚めてしまいました。
やはり旅で興奮しているみたいです。
一人で、再度ブキッ・ビンタンの街を歩き、その後、クアラルンプールの定番スポットのひとつペトロナスツインタワーへ。

中にはショッピングモールもあり、紀伊国屋も発見。
とても落ち着いたカフェスペースがあったので、しばしの一服。
その後、今日の宿泊先、Mid Valleyへ。
ここにも大きなショッピングモールがあり、北城さんのお店はこの中にあります。
ブキッ・ビンタンとは違った雰囲気で、こちらは落ち着いた感があります。
夜は北城さんの中国系マレーシア人の友人家族とその友人との食事会にご一緒させていただき、観光では決して訪れることができないであろうレストランに連れていってもらいました。
どの料理も最高においしかったです!!

食事の後は、友人の自宅に招待してもらったのですが、ものすごい豪邸。
玄関に入ると、アロワナの水槽が、外を眺めると庭に鯉が泳いでいる池が、もちろんプールもあります。
子供たちとバトミントンをして遊んだのですが、プレイした場所は何と家の中(笑)
こんな生活が実際にあるんだと多いに刺激を受けました。
北城さんが上手いこと私のビジネスについてお話してくださり、みなさんとても興味を持ってくれました。

もっとコミュニケーションしたい!と大いに感じた瞬間でした。
こうした経験をすることが英語をマスターする上での、しっかりとした目的ができていくのでしょうね。
がんばりたいと思います(笑)
そんな訳で今日も日付を超えて就寝。今日も北城さんのおかげで充実した一日になりました!
感謝!

クアラルンプールの繁華街ブキッ・ビンタンへ

空港からエアアジアのバスを使って、クアラルンプールの交通の要所KLセントラルへ。

バスの座席などは快適でしたが、事前に調べた口コミ通り、クーラー効きすぎ(;_:)
まあ、1時間近く乗って200円程度で連れて行ってくれるのですから文句は言えません。
KLセントラルからモノレールに乗って、初日の滞在先のホテルがあるクアラルンプールの繁華街”ブキッ・ビンタン”へ。
モノレールの切符はこんなコインでした。

カードをピッと当てるようにコインもピッと当てて改札を通ります。
降りるときは切符を改札に入れるようにコインを挿入口に入れます。
ホテルにチェックインしたあとは、ブキッ・ビンタンを散策。
ショッピングモールが立ち並び、活気があり、非常に雑然としているイメージ。
ブキッ・ビンタン最大のモール、パビリオンには日本企業も店を連ねていました。

ユニクロは日本では安いというイメージがありますが、こちらではむしろ高級路線でブランドが確立されているのではと感じました。(写真はパビリオン内のユニクロではなく別の場所)

東京ストリートなるものもありました。

結構な活況。

ダイソーもありましたが、こちらも安いものを買いに来ているというよりも、日本の店だから買いに来ているという感じを受けました。(価格は5RM。日本円になおすと約130円。)

夜は仕事が終わった北城さんと屋台が立ち並ぶアロー通りに。
初めてお会いした北城さんはfacebookやホームページのイメージ通り、とても親切で魅力的な方でした!

話しは弾んで、結局ホテルに帰ったのは朝4時を過ぎ(笑)
そんなこんなで、長い長いマレーシアの初日が終わったのでした。

いざ!マレーシアへ

三月半ばに急きょ決めたマレーシア行き。
実はこれといった目的がありません。
ですので、マレーシアに何があるのか決まってから調べる有様で・・
何かうまく言えないのですが、何か今行ったほうがいいかなという気がしたので行動したという感じです。
今や航空券も安くなり、海外に行くのも国内を旅行するのもさほど変わらなくなってきていると感じます。
「ちょっと気になるので行ってきます」と言えるこの時代は本当に恵まれていると思います。
そしてどこにいても仕事ができる環境をつくった自分も少しはほめてやろうと思います(笑)
妻には、「よう分からんけどマレーシアに10日ほど行ってくるわ。」と言ったら二つ返事で「行ってきたら」とのこと。相変わらず男前な人です(笑)
今回は一人旅の9日間なのですが、プランはほぼノープラン。
一つ楽しみにしているのは、facebook上でつながりのあるクアラルンプールでお茶屋さんを経営している北城さんに会うこと。
まだ一度も直接お会いしたことないのですが、Facebook上で何度もやり取りをして、早く会いたいなと思っていた方なのです。(と言ってもfacebook上で友達になったのもまだ1ヶ月もたたないのですが・・)
観光客が決していかないであろう、素晴らしいところをいろいろとご案内いただけるということで、とても楽しみにしています!
そんな訳でLCCを利用して、いざ出発。
今回利用したのはエアアジア。

格安航空会社LCCですね。
初めて利用したのですが、特に何の不便を感じることもなく利用することができました。
LCCは運賃は安いのですが、機内で飲食するものに費用がかかったり、荷物を預けるのに費用がかかります。
荷物も今回の旅はノープランなので、動き回ることを考えて、小さなカバン一つにまとめました。

本来なら預ける必要がないので費用が発生しないのですが、航空券を予約するときに、”海外旅行といえば、スーツケースだろう”というわけの分からない先入観を持ってしまい、一番軽い荷物分往復を4000円で申し込んでしまいました(涙)
ほんと旅は快適で、あえて苦言するなら、常に場所を一番遠くにされてるなというぐらい。
例えば、関空のチェックインカウンターも一番端。
搭乗口も一番端。
到着後は、 飛行場内を歩かないと行けません。(3〜5分くらい)

ただそれらの距離ってほんとたかだかしれてますので、これが金額に置き換わるならお得です。
そして、今回はプラス1000円ほど払って三列すべてを押さえました。

横になって眠れてあっという間の七時間のフライトでした。
席も私は狭く感じませんでした。
むしろふわふわ感があり、これまで乗った飛行機よりもむしろ快適かなと感じました。
というわけであっと言う間にクアラルンプール国際航空に到着。
さー、取り敢えず、KLセントラルに向けて出発です!

家族ノマド、今年もやります。

昨年夏に1ヶ月ニセコでノマド生活をするという実験をしました。
単身でノマドは自分の決意だけでできてしまうのですが、家族でノマドをするとなると、妻の意見と一致することはもちろん、子どもの生活など諸問題があり、ハードルが上がります。
ただ、やってみると意外と何とかなるもので、昨夏のニセコ体験は家族全員が大満足で、その体験はプライスレスだと感じることができました。
そして、これを絶対に毎年の恒例行事にしようと満場一致で決定しました(笑)
何事も初めは大変ですが、一度やってしまうと下地が出来上がり、二度目三度目が容易になっていきます。
そんな訳で、今年は夏に再度ニセコでノマド生活をするということに加え、新たな試みをすることになりました。
それは、家族で海外ノマド生活を送ってみるということです。
昨夏ニセコから帰って来てからすぐにサンフランシスコに単身で2週間ほど滞在しました
時差の問題がどうなるかなと思ったのですが、むしろそれが仕事の生産性を上げるということになり、海外であってもまったく支障なく仕事ができてしまうということが分かりました
では、次のステップへということで、家族を連れて1ヶ月ほど海外で過ごすことにしたのです。
5月から約1ヶ月間親子3人、ハワイでノマド生活をします。

hawaii.jpg

先に書いたようにすでに下地はできているのですが、昨夏ニセコから帰って来てから新たに1つの準備に取り掛かりました。
それは、息子の勉強です。
息子はこれから塾に通ったりとする年齢になってきています。
そうしたときに、塾があるからと生活に縛りが出来てしまうことはとてももったいないことだと思うのです。
ですので、今うちでやっていることは、スカイプによる家庭教師です。

skype_maeda.jpg

「これまじ!」にも以前出ていただいた塾を経営している前田寛文さん。
前田さんの塾はiPadやSNSなどITを積極的に取り入れた塾なので、それならスカイプなどを使っての授業もお手の物だろうと依頼をしたところ、快く快諾いただきました。
DropBoxに宿題を入れてもらって、それをうちでプリントアウトして、宿題を解く。
そして、iPhoneで撮影して、再度DropBoxに戻すなんてことをやりながら、開始してからすでに6ヶ月ほど経ちます。
実際行うまでは「ほんまできるんかなぁ・・」と半信半疑だったものの、息子は週に1度の授業を心待ちにするほど授業を楽しんでいます。
(授業の内容も単なる勉強ではなく、勉強することの楽しさを教えてもらうことを重点的にお願いしています!)
家族単位でのノマド生活は簡単ではありませんが、1つずつ先読みし、準備をしていくことで何とかなるものだなと実感している今日この頃です。

サンフランシスコに行って感じたこと。

サンフランシスコから帰ってきてから、2週間たちました。いろいろと感じることがあったのですが、ここにきてようやく考えがまとまってきたので、ブログに書いて整理したいと思います。
まず思ったことは、当たり前のことですが、簡単に世界を目指すとは言えないこと。
サンフランシスコには様々な方が集まり、いろんな考えがあり、文化の違いがありました。
例えば、海外で受け入れられるサービスを作ろうと思うと、その国の文化を理解する必要があります。そのためには、短期滞在では無理で、その国に住む必要があると思います。
そして、よりマッチしたサービスを作るには現地のスタッフが必要になるでしょう。
簡単に雇うと言っても、日本とアメリカの働き方や考えには大きな違いがあります。
それ外から見ているだけでは理解できるものではなく、実際に現地の会社に入らないとわからないことだと思うと実際にアメリカの企業で2ヶ月間働いたECスタジオの山本さんもおっしゃっています。
これらのことを考えると、とことん入り込んで全身全霊かけて取り組まないと決して芽が出ないことは明白です。
ただ、こうも考えました。
世界を相手にするとしても、やり方を変える必要はないのではないか、と。
海外に出ていつも感じることは日本の製品、サービスの優秀さ。本当に素晴らしいと思います。
ターゲットとする国に合わせる必要はなく、日本のサービス、商品でそのまま自信を持って勝負すればいいのではないかと思うのです。
日本人は自信を持ってないので、一貫して突き通すことはできてないですが、どんなことがあっても自信を持ってやり続ければ、それが受け入れられるのではないかと思うのです。
そのためには日本人はもっともっと世界に出て日本を客観的にみないといけないのではと感じました。外から見た日本は間違いなく素晴らしい国だと思うのです。
以上のようなことを感じ、私はこれから事業を次のように進めていきたいという考えにまとまりました。
市場を広げるために世界を相手にビジネスをします。ネットビジネスという特性、また、今後、日本経済がどうなるか分からない中、日本だけを見て商売をするのはリスクがありすぎます。
しかし、私は大きなところは目指しません。弊社はスモール企業です。今後も会社を大きくするつもりはありません。
ですので、世界中のシェアを取る必要はありません。例えば、海外を相手にすると言っても外国人を相手にせずに、海外在住の日本人をターゲットにするだけでもいいのです。それだけでも、100万人市場が広がります。文化も考え方も同じ。提供する場所が違うだけで日本で扱っている同じ商品、サービスをそのまま展開できます。
外国人をまったくターゲットにしないわけではありません。
日本の商品、サービスの良さを分かる外国人をターゲットに提供します。
外国人に合わせることはしません。自信を持って日本人の感性で作られた商品、サービスを提供します。
現時点でもスモール企業にとっても十分な市場があるでしょうし、私はこれからこの市場がもっともっと広がるべきだと思うのです。
まったく日本人以外の感性を取り入れないのかと言うと、そうではありません。
サンフランシスコでも日本よりも優れたところは当然のことながらありました。
シンプルで合理的で、すごいいい考え方だと思うことが多々ありました。
よいところは双方を取り入れていく。そして、さらなるより良い商品、サービスにしていく。
自分が目指すところはそこだなと、今は考えています。
とは、言っても、まだまだ答えを出すだけの経験や行動をしていないので、現時点の答えはこれとして、これからもいろんなことにチャレンジして視野を広げていきたいと思います!

サンフランシスコ滞在9日目:今日は観光三昧!

いよいよサンフランシスコ滞在もあと2日に。
明日は朝からフライトですので、ゆっくりできるのは今日が最後。
そんなわけで今日は思い切り観光を楽しんできました。
まずはケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフへ。
ここで名物のクラムチャウダーを。
美味い!

そして、自転車を借りてゴールデンゲートブリッジへ。
途中でセグウェイの集団にも遭遇(笑)

この日はあいにくの天候。
真っ青な空と海を背景に見ることはできませんでしたが、こういう天気もサンフランシスコらしくていいですよね。

その後はサンフランシスコジャイアンツの本拠地AT&Tパークへ移動して、大リーグ観戦。
なんとラッキーなことにこの日はジャイアンツのエース、リンスカムの登板日。
サイ・ヤング賞を2回、最多奪三振を3回獲得するなど若きエースです。

この球場は海に面していて、ライト側に場外ホームランを打つと海にボールが飛び込みます。

それをスプラッシュ・ヒットというらしく、ライトスタンドに今年のスプラッシュヒットの数が電光掲示板に出ていました。

そして、ラッキーなことにジャイアンツの選手がスプラッシュ・ヒットを!

海にはボートで待ち構えている人たちがボールを取る様子み見れて、大いに大リーグ観戦を楽しむことができました。
明日はいよいよ帰国日です。
少し寂しい気もしますが、思う存分サンフランシスコを満喫できたと思います。
明日の10時間を超えるフライトの中でこの9日間のことを振り返りたいと思います。
少しは成長することができたのでしょうか・・・