株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

昨年だけでもホームページ運営に関する相談を200件近く受けましたが、その中で多い質問のひとつが「ホームページから商品が売れない!」「反応がない!」ということです。
”売れるホームページにするにはどうすればよいのか”簡単にまとめてみたいと思います。
(1)カタログ的なページでは商品は売れません
現在、安価で多機能なECサイトを構築できるサービスがたくさんありますが、商品を並べるだけでは決して売れません。(一般に名が知れた商品であったり、圧倒的な価格の安さで他店に勝っている場合など例外はあります。)
単に商品を並べているだけであれば、それはカタログと変わりありません。
カタログもカタログだけでは商品は簡単に売れることはありません。
営業マンがカタログを元に商品の魅力を十分に説明することではじめてそのカタログが活かされます。
ですので、ホームページも単に商品画像を並べるだけではなく、営業マンの変わりになる、商品の魅力が十分に伝わる説明や商品に対する熱い想いが伝わる文章や写真がなければなりません。(もちろん動画も有効活用してくださいね!)
(2)信頼できるページになってますか?
インターネットで検索していて、たまたま御社のホームページを見つけたお客様に商品を購入してもらうにはどうすればよいでしょうか?
そのお客様は御社のことをそのときに初めて知ったのです。
こうしたお客様に商品を購入してもらうために大前提になるのが、まずは信頼を得るということです。
「本当に商品は送られてくるんだろうか?」、「対応はきちんとしているのだろうか?」、「商品の品質は確かだろうか?」など初めて訪問してくれたお客様が不安を感じるのが普通です。
 これは、お客様とすでに直接会って言葉を交わしている方をターゲットにしたホームページであれば、それほど気にすることはありません。直接話しをしたことで、すでにそこには信頼関係がある程度生まれています。
こうした場合は、ホームページに商品の機能的なことが十分に説明できていれば問題ありません。
しかし、大半のホームページは検索エンジン経由のお客様をターゲットにしたものだと思います。
それでは、不安を取り除き、信頼感を得るためには何が必用でしょうか。
まず、第1に「人気(ひとけ)」です。
自動販売機だけがならんでいるベンダーショップがあります。
買うものが決まっている、店員さんに話しかけられたくないといったときはベンダーショップで買うことも抵抗がないかもしれません。
しかし、通常、笑顔が素敵な店員さんがいるお店と隣同士に並んでいたら、あなたならどちらの店に入るでしょうか。

vender.jpg

また、インターネットは文章と画像だけの世界です。いくら会社の所在地などがきちんと書かれていても、それだけでは本当に存在しているかさえ分かりません。
「私が店長です!」「私たちスタッフが責任を持って商品をお届けします!」と笑顔のスタッフの写真がホームページに掲載されていたらどうでしょう?それだけで、お客様は運営者の存在を認識して、不安が和らぐものなのです。
ただ、これだけでは足りません。
自分達でいくら良い商品だと紹介しても、所詮宣伝にしか捉えられませんが、お客様の声は第3者の声として信頼できるものです。
それは、文章だけでなく、お客様の写真まで一緒に掲載するとその信憑性は格段に上がります。
商品の良さを証明してくれるだけではなく、実際にこんな方が買っているんだという安心感。
そして、笑顔の写真を見て自分も購入すればこんな笑顔になれるんだという期待感。
お客様の写真にはこうした様々なプラスの要因が含まれているのです。

voice.jpg

(3)買ってもらう理由はありますか?
インターネットでショッピングをする人は、通常、「検索」→「比較」という行動パターンをとられます。(分かりやすいように簡略化してます。)
比較されるわけですから、購入してもらうためには御社のECサイトを選んでもらえる理由がなければいけません。その理由が多ければ多いほど選んでもらえる可能性が高くなります。どんな理由があるでしょうか。
・価格の安さ
・配送の速さ
・商品数の多さ
・店長の人柄
・信頼感   etc…
御社は上記の点でライバル店に勝っているでしょうか?
御社のホームページをライバルとなるホームページと客観的に比べてみてください。
そして、あなたならどちらのホームページで買うか考えてみてください。
また、選んだ理由は何かを考えてください。
きっと様々な選んだ理由が出てくると思います。そして、選んだホームページがライバル店であったならば、そこのホームページよりも勝る、選んでもらえる理由を作っていかなければならないのです。
こうしたことは頭の中で考えるだけではなく、日頃からインターネットを通じて、ショッピングをすることで、なぜ自分がそこの店で買ったのかということを客観的に分析していくことが大切です。
そうするとおのずと買ってもらうためには自社のホームページには何が足りないのかということが見えてくるのです。
(4)お客様に御社のサービスの魅力は伝わっていますか?
ライバル店に負けない、「買ってもらえる理由」ができたとします。
しかし、それが十分にお客様にPRできていなければ、意味がありません。
当たり前と思うかもしれませんが、意外としっかりとPRできていないホームページはたくさんあるのです。
そのひとつの原因がお客様はすべてのページを見てくれるという思い込みです。
例えば、御社は即日配送が可能だとします。そして、それをPRするため力を込めて即日発送をPRするページを作り込んだとします。
しかし、そのページを見てくれるお客様はごく一部です。
それがお客様が御社のホームページを選んでくれる理由になるのであれば、1箇所だけではなく積極的にPRしなければいけません。
また、ホームページの上部でしっかりとPRするということも重要です。
アクセス解析で直帰率という用語があります。
例えば「テディベア」を買おうと思った方が検索エンジンを利用して検索します。
大半の方が検索結果に上位表示されたホームページを上から順番に見ていきます。
上位表示されているページはしっかりと時間をかけてページ内を見てもらえる傾向にありますが、2ページ目、3ページ目と下にいくにつれて、さっとしか見てもらえなくなります。
パッと見て、「あぁ、このページは大したことがなさそうだな」と、検索結果に戻ります。
これが直帰になります。ページ内をクリックしてもう1ページ見てくれると直帰にはなりません。
つまり、直帰率が50%ということは、100人見に来てくれて、そのうち50人がパッと見て帰ってしまっているということになるのです。
直帰率を減らすためには、ページ上部に選んでもらえる理由をPRしておくことが大切です。せっかく選んでもらえる理由があっても、ページの下部にそれがPRされていれば、気づかれずにホームページから去られてしまうことになるのです。
検索結果からクリックされてアクセスしてもらう、はじめに表示される閲覧スペース(スクロールしなくても見れる範囲)に御社のサイトの選んでもらえる理由を十分にPRできれば直帰率は必ず下がることでしょう。
(5)まとめ
以上、4つの売れるホームページの作り方のポイントを説明させていただきました。

1.カタログ的ページにしない
2.信頼できるホームページにする
3.買ってもらえる理由がある
4.買ってもらえる理由がきちんとPRできている

たったの4点ではありますが非常に重要なポイントです。
これらを意識してホームページ作りをすることで、反応の出るページ・売れるページができる確率は大幅にあがることでしょう。

さらに詳しく知りたい方はホームページ運営ノウハウが3ヶ月で学べるベビログインターネットスクールをどうぞ(笑)

school.jpg


弊社がホームページ作成していく上で欠かせないサービスがあります。
今、このサービスがなくなってしまったらどうやってホームページを作ったらいいんだろうと途方にくれてしまうぐらいフル活用しています。(笑)
そのサービスとはQ&Aサイトです。
代表的なサービスとしてOKWaveYahoo!知恵袋人力検索はてななどがありますね。
弊社がどのような活用の仕方をしているのか書いてみたいと思います。
Q&Aサイトには種々様々なジャンルにおいて悩んでいる方が答えを求めて質問しています。
OKwaveでは150万人のユーザーが参加していて、これまでの質問総数が450万件もあり、しかも、回答に対する満足率は85%にもなるそうです。
”悩み”=”ニーズ”ですから、作成しようとしているホームページに関するキーワードをQ&Aサイトで検索すると、多くの方が求めていることが必然的に分かります。
一つひとつ見ていくと、同じような質問が繰り返し何度も出てきます。
皆さん、過去の質問をよく調べないで質問をしているんですね。
回答する側からすれば「何度も同じ質問をして・・・ ヽ(`⌒´♯)ノ 」となるのですが、私たちからすればこれがとても有り難いことになります。
何度も同じ質問があるということはその内容が非常にニーズのある質問だからです。
そうしたニーズを徹底的に調べて、それらを取り入れたホームページににしてあげればよいのです。
例えば、あなたが結婚相談所をやっていて、ホームページを作ろうとしているとします。
そんなときにQ&Aサイトで「結婚相談所」というキーワードで検索してみます。
OKwaveではなんと1,000件もの質問がヒットします。
これを大変ですが、ひとつずつチェックしていくのです。
そうすると、1,000件あっても類似したものが多く5,6種類ぐらいには分類できます。
ざっと見てみるとよくある質問はこんな感じです。

1.信頼できる結婚相談所を教えてください。
2.結婚相談所を利用して結婚した方の体験談を教えてください。
3.結婚相談所に登録する方の年齢層を教えてください。
4.結婚相談所に入会して、何割ぐらいの方が結婚できているのでしょうか。
etc..

1番目の質問がかなり数が多かったです。
結婚相談所について、不信感を持っている方が多いようですね。(笑)
ここからは信頼できるホームページをつくることが絶対条件であることがわかります。
2番目の質問からはお客様の声を掲載してあげることが重要なことが分かります。
3番目4番目の質問もしっかりと情報を掲載してあげていると、この会社は包み隠さず情報を提供してくれているという安心感から信頼を得ることができます。(数字があまりにも悪いと逆効果ですが、、)
このようにニーズを調査して、お客様が望む情報を懇切丁寧にかゆい所に手が届くまで掲載してあげるのです。
そうするとどうなるでしょう。
3つのいいことが起こります。
1つ目は上にも書きましたように望んでいる情報がすべてあるという満足からの信頼感。(ここまで情報を提供してくれていたら、誠実に対応してくれそう)
そして、2つ目に単純にページ数が増え、入り口ページ(閲覧開始ページ)が増えることでアクセスが増えるということ。(ニーズのある内容ですので、より多くのアクセスが集まりやすくなります。)
そして、3つ目は多くの方が求めている内容ですので、Q&Aサイトで回答者が参考サイトとして紹介をしてくれるようになります。

Q.結婚紹介所を利用した人のうち何人が結婚できているのでしょうか?

A.”ここのホームページに成婚率が紹介されているよ!
http://www.xxxx.jp/xxx.html”

このようにQ&Aサイトで紹介されるとさらに3つのいいことが起こります。。
まず、「被リンク」です。
皆さんご存知のように、現在のSEO対策は被リンクの効果が一番高いです。
しかも、検索エンジンがが有益と認めるサイトからの被リンクは効果が高くなります。
Q&Aサイトは有益なサイトとして見られている傾向がありますので、回答でURLを記入してHPを紹介してもらえると検索結果が上位表示されやすくなります。
次に「コンバージョンのアップ」です。
Q&Aサイトの回答で紹介してもらうということは、当たり前ですが自分で宣伝をしている訳ではなく第三者の方が推薦してくれています。
第三者からの推薦は非常に成約につながりやすくなります。
よく売れているサイト、また、通販のチラシなどに必ずお客様の声が掲載されていることからも明らかなことですね。
最後に「検索エンジン経由のアクセスアップ」です。
Q&Aサイト経由だけでなく、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジン経由でのアクセスも増えます。
一般的に皆さんが疑問に思っていることは、当たり前ですが、Yahoo!やGoogleでも検索されています。
そうすると必然的にその答えを書いたあなたのページは検索エンジンにひっかかりやすくなります。
そして、あなたのページだけが検索結果に表示されるのではなく、あなたのホームページが紹介されているQ&Aサイトのページも表示されるようになるのです。
特にYahoo!では検索結果にYahoo!知恵袋のQ&Aが掲載されるスペースが設けられています。

さらに、OKWaveはOKWaveのコンテンツそのものを他社に別サービスとして提供しています。
ですので例えば、OKWaveに投稿されると、教えて!gooBIGLOBEなんでも相談室にも同じ内容が掲載されます。(逆も然りです:教えてgooで投稿された内容が・・)
そうするとキーワードによっては、あなたのホームページに関するページが検索結果に3つも4つも表示されることが起こりうるのです。
また、被リンクの効果もOKWaveからだけではなく、gooやBIGLOBEからももらえることになりより上位表示もされやすくなります。
ざくっとしたまとめ方になりましたが、このように弊社ではQ&Aサイトを非常に活用させてもらっています。
Q&Aサイト以外でこれらの内容を包括的に得ることができる代替サービスってなかなかないと思います。
ぜひ御社でもQ&Aサイトをフル活用されることを強くお勧めしたいと思います!


以前はAdWordsでは、公式ヘルプページで複数アカウントを作成することを禁止することが明示されていました。
しかし、現在はそのヘルプページは削除され、変わりに下記のようなヘルプが表示されています。
複数の Google アカウントを作成することはできますか。

adwords_help.jpg

直接的な書き方ではなかったので、AdWordsのヘルプセンターに電話して確認しました。
回答は、
類似したサービスを紹介するHPでなければ複数のアカウントに分けて管理してOKとのことでした。
そんな訳でさっそく複数のアカウントを取得し、クライアントセンター(MCC)で管理することで快適に現在はAdwordsを使用しています。
続いて、Yahoo! JAPAN リスティング広告(Overture)ですが、こちらもサポートセンターに問い合わせたところ、類似したサービスを紹介するHPでなければ複数のアカウントに分けて管理してOKとのことでした。
方法は2つあり、ログインアカウントを別々に取る方法と、マスターアカウントを使い分ける方法です。
ログインアカウントを別々に取ると同時にログインして管理できませんので、弊社はもちろんマスターアカウントを使い分ける方法を選択しました。
こちらの方法ですが、実はWEBからはできません。
ヘルプセンターで申請をすることで可能になります。
希望サブアカウント名や対象サイトのURLなどを聞かれた後、数時間で設定が完了して、通常のログインページからログインすると下記のようなページが現われました。
感激!

overture_master.jpg

そしてアカウントを選んで遷移したページ内でもクライアントセンター(MCC)と同様にプルダウンで別アカウントへ移動することができます。

overture_master2.jpg

う~ん、快適!
ググって分からないことは悩まずにヘルプセンターに聞く。
これがいいですね。
※AdWordsのヘルプセンターの電話番号は一般公開していないとのことです。
ちなみに私はGoogle主催のセミナーに参加した際に会場で教えていただきました。


弊社の主な事業として下記のものがあります。

【インターネットメディア事業】
ブログサービス運営
コミュニティサイト運営

【Eコマース事業】
4店舗運営

【WEBプロモーション支援事業】
コンサルティング
HP運営ノウハウを学べるスクール
HP制作
SEO対策
PPC広告代行

※詳細は弊社ホームページをご覧ください。
これらの事業を2名で行っているわけで、「どうやってこれだけの事業を回しているのですか?」とよく聞かれることがあります。
これらの事業は一件バラバラのことをやっているように見えて、実は上手く相互作用していて効率よく回すことができています。
そうは言っても、1名はEコマース事業のお客様とのやり取りで精一杯ですので、残りの仕事は私一人にかかってくるわけで、やはり2名で回すことは到底不可能です。
ではどのようにして回しているかといいますと、SOHOである外注さん、そしてパートナー企業と上手く連携しながらやっています。
SOHOさんの活用について、クライアントさんなどにお話しすると非常に役立つと喜んでいただけますので、今日はこのブログに書いてみたいと思います。
起業当初はホームページを自分で作っていましたが、コンサルティングなどのニーズが高まるとどうしても時間が取られてしまい、現在はデザインを外注することが多くなっています。
弊社が外注するのは一般企業ではなく、SOHOさんです。
なぜ一般企業ではなく、SOHOさんを選ぶ理由は何かと言えば、第1に価格です。
SOHOさんは自宅で仕事をできることに重きを置いていますので、報酬単価は一般的な価格に比べると安く設定されている方が多いのです。
そうは言ってもクオリティが低ければ・・・という声も聞こえてきそうですが、SOHOさんの中には非常に優れたデザイン力、技術力を持った方がいらっしゃいます。
以前は第一線で活躍していた方が結婚や出産で家庭に入ってしまい、子育ての合間に仕事をしているケースがあります。
そのような方は時間が余り取れないため納品に時間がかかり気味になりますが、作品は非常にクオリティが高いものです。
弊社の場合、子育て系ブログサービス出産祝いのECサイトなどを運営していますので、まさに上記のようなSOHOさんがぴったりなわけです。
弊社で作成していただいたページの一部を紹介させていただきます。
https://www.teddybear-time.com/sweetmemoriesbear.html
https://www.teddybear-time.com/memorial-bear/
これらはそれぞれ別の方にお願いしていますが、お二人ともいつも非常にクオリティが高いものを納品してくれます。
ただ、優秀な方が簡単に見つかるかと言えば、決してそういうわけではありません。
これまでの経験上30~40名に1名見つかればよい方かなという感じです。
弊社ではどのようにしてSOHOさんを探しているかと言いますと、”SOHOさん”と”SOHOさんに仕事を依頼したい人”をマッチングする、いわゆるビジネスマッチングサイトを活用しています。
有名なところとしては「@SOHO」「SOHOビレッジ」があります。
「楽天ビジネス」「さぶみっと」といったサービスもありますが、これらのサイトはどちらかというとSOHOさんというよりも企業の方が登録されていることが多いように感じています。)
「@SOHO」や「SOHOビレッジ」で募集をかけますと、弊社の条件でだいたい30~40名の応募があります。
前述したように、この中で1名優秀な方が見つかればラッキーです。
優秀な方を効率よく見つけるポイントを、募集をかけるときと、採用するときに分けて列挙してみたいと思います。

【募集をかけるときのポイント】
・条件をはっきりと提示すること
たとえば1ページあたりの価格や納期です。
相手にあわせるのではなく、はっきりと提示することが重要です。
中途半端に書くと、応募数だけが多くなり、結局断るための返事を書く手間が増えるだけです。
お互いに気持ちよく仕事をするためには提示した条件に納得して応募してくれた方のみを対象にすべきです。
・制作実績を見せてもらうこと
たとえば”女性向けのサイトが得意”など得意なデザインの分野を確認することがまず大切です。
そして、1つ2つだけではなく、より多くの実績を見せてもらい、どの部分を担当されたのかしっかりと確認してください。
・人物重視で募集すること
弊社では基本的にSOHOの方とお会いすることはなく、すべてメールでやり取りを行っています。
優秀な方を探すためには対象を全国にしなければいけませんので、距離的に会いにくいということもありますし、主婦の方は中々決まった時間も取れませんので連絡方法もメールで行っています。
しかし、会わずにメールだけでやり取りをするとなると人物を重視しなければとても成り立ちません。
そこで、募集の文章には必ず人物を重視しますという一文を入れています。
これだけでも常識がない方からの応募はかなり減ります。

【採用するときのポイント】
・メールのやり取りで判断
メールはとても人柄が出ると思います。
中には募集時にした質問に一切答えてくれず、多くの案件に返事をするための定型文と丸わかりの文章を返信される方もいます。
そうした方とはとてもメールだけのやり取りで仕事はできませんので、その時点でお断りしています。
逆に、しっかりと弊社のサイトを見られて、感想を述べたり、自分も子供がいてるので御社の理念にとても共感できますと書いてくださる方もいらっしゃいます。
そうした方は制作実績のデザインが多少劣っていても、採用させていただくこともよくあります。
これまでの経験上やはり何と言っても「人」が重要だと実感しているからです。
実際にこうした方々とはやはり長くお付き合いできていることが多いです。
・ちょっとした気遣い
メールのレスポンスは早いにこしたことはないですが、主婦の方であれば子供が寝てからでないと返信できなかったりということがあります。
そのことは十分に把握しているのですが、やはりレスポンスが遅いと仕事を依頼しても大丈夫かなという気になります。
そんなときに、「幼い子供がいてるので返事は夜間が多くなります」と事情を前もって説明してくれているだけで印象が大きく違います。
こうした細かなことにも気をつかってくださる方はやはり仕事を依頼しても、いろいろと配慮して作品を仕上げてくれることが多いです。
・ブログ、mixiなどで判断
ブログやmixiで日記を書かれている方であれば、必ず読ませてもらいます。
以前にもブログで書きましたが、私はブログは雇用のミスマッチを減らすことができるものだと考えています。
1つ、2つの記事では分かりませんが、まとまった記事を読めば人間性はごまかせないものです。
(これは先日、佐々木俊尚さんが書かれた「ネットがあれば履歴書はいらない」を読ませていただき、やはりそういう時代になってきているんだなと再認識させていただきました。)

弊社でのSOHOさんの探し方はこんな感じです。
そんなわけで弊社は社員は2名と言えど多くの外部の方に協力して成り立っています。
ちなみに現在の体制としてはこんな感じです。
プログラマーさん:2名(1)
デザイナーさん:6名(4)
コーダーさん:2名(1)
※かっこ内の数字は直接お会いせずメール、スカイプ等のみでやり取りさせていただいている方の人数
弊社のようなやり方をしている会社は現在決して少なくないのではないでしょうか。
2008年にNHKスペシャルで「デジタルネイティブ」が特集されて、その中で子供が国外の大人に仕事をメールで依頼して仕事を成り立たせている事例が紹介されていましたが、今後ますますこのようなケースが増えてくるのではないでしょうか。


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る