「ウズウズ for キッズ」ついにキックオフ!

forkids01.jpg

学校では学べないことを起業家が子どもたちに教えるワークショップ「ウズウズ for キッズ」のキックオフイベントは開催しました!
ウズウズは毎月1回開催し、今年の4月で4周年を迎えた関西の起業家の勉強会です。
wisdom sharing workshop(知恵の共有のワークショップ)のそれぞれの単語の頭文字のws wsを取って、通称ウズウズとして参加者の間では親しまれています。

babyloghp.jpg

「ウズウズ for キッズ」は現在の教育行政ではどうしても足りない部分を起業家の視点から補うことができないかとの考えから生まれた取り組みです。
将来や夢の見つけ方のヒントがたくさん詰まったワークショップになればいいなと考えています。
キックオフイベントとして何をしようか迷ったのですが、ウズウズには多種多様の職業の方がいてます。
それぞれの方は大きな夢や目標を持ち、それぞれの道を歩んでいます。
そんな彼らがなぜその職業を選んだのか、また、その職業をするためにどんな勉強をしたのか、そして、今実際にどんなことをしているのかなどについてお話してもらうことにしました。
言うなれば、リアル版「13歳のハローワーク」という感じでしょうか。
スピーカーとして登場してくれたのは次の12名。

  松野光次さん     鍼灸師
  多陀賢二さん     デザイナー
  大石裕一さん     iOS開発
  橋本理津子さん     作曲
  穂口大悟さん     お店支援
  松原光二さん     建築士
  ローズさん     プロマジシャン
  山口正信さん     ネットショップ
  戸田充広さん     イラストレーター
  林拓真さん     フリーペーパーの企画および制作
  野田隆広さん     知的障がい者施設(洗車屋)
  藤井 十章さん     土地家屋調査士
  寺田勝紀さん     起業全般

ほんと多種多様な方々です。

forkids04.jpg

一人持ち時間8分で1時間30分ほどで終了するはずだったのですが、皆さん子どもに伝えたいことがいっぱいで、なんと押しに押して3時間も要してしまいました。
下は年少から上は中学生まで。
大人でも3時間も話しを聞くのはしんどいのに、騒ぐことなく最後までしっかりと話しを聞いてくれたその姿には感動しました。

forkids02.jpg

学校では学べないことを子供たちに教えるワークショップとして、これからもいろんなことを企画していきます。
現在募集中のものとして、

・iPhoneアプリ親子作成講座
・下北山村・大台ケ原親子キャンプ

がすでに企画されています。
キックオフイベントは私が企画させてもらいましたが、これからはそれぞれの方が子供たちに伝えたいことを企画していただき、私はそれを告知・宣伝、そして運営のお手伝いをさせてもらうつもりです。
こういうことは継続させてなんぼ。
ウズウズ同様、ウズウズ for キッズも末永く続けて行きたいと強く決意しています!
皆さん、これからもご協力のほどよろしくお願いいたします。

forkids03.jpg

forkids00.jpg

>>ウズウズ for キッズのホームページはこちら
>>当日の様子はUSTREAMのアーカイブでご覧いただけます

がんばろう、にっぽん。この子たちの笑顔のために。

prayforjapan.jpg

新しいサイトを立ち上げました。
がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN
このサイトはプログラマーであるスクルトの神守さん、デザイナーであるbeyerの梅田さんと共に立ち上げました。
今回の東北地方太平洋沖地震では幸いなことに関西では一切被害がありませんでした。
テレビやツイッターなどで被災地の様子を見ていて、我々は何ができるのか、考え続けました。
祈ること、義援金での貢献。
そのほかには何ができるのか・・・・。
そこで出した結論は、”日本人が一丸となって復興に向けて立ち上がる”という気力がわくサービスを作ろう!ということでした。
今、日本はとんでもない状況に陥っています。
しかし、人々はお互いを思いやり、日本人としてまとまりを見せています。
そして、このような状況においても、道徳感を持って行動する日本人が高い評価を海外から受けています。
今こそ、日本人が一丸となって力を合わせ復興し、失われつつあった絆を取り戻し、そして、日本人としての誇りを取り戻すことができるのではないかと思うのです。
このサイトのテーマとして子どもの笑顔を選びました。
子どもの笑顔ほど力を与えてくれるものはありません。
そして、私たちは子どもたちの未来のために、この困難を乗り越えて復興しなければいけません。
そんな想いがまとまったのは実は一昨日の夕方でした。
まず、神守さんにこんなサイトを作りませんかとメールでお誘いしました。
するとすぐに、「明日にはリリースできるようにします!」と返事がきました。
そして、次にデザイナーの梅田さんにスカイプでコンタクト。
梅田さんも二つ返事で協力してくれると言ってくれました。
もちろんお二人とも無償で!
そして、夜の9時から3者でスカイプミーティング。
それぞれの役割を分担し、徹夜で作業。
そして、1日少しでこのサイトが立ち上がりました。
早く立ち上げることを最優先したサイトですので、粗が目立つかもしれません。
でも、私達の想い、そして日本のこと、子どもたちのことを想う皆さんの気持ちが入った暖かなサイトになったと思います。
このサイトが少しでも日本が元気になる力になることができれば、こんなに嬉しいことはありません。
日本の明るい未来のために、日本人として誇りを持ち、共にがんばってまいりましょう!

prayforjapan.jpg

がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN

第46回目のウズウズはイケダハヤトさんをお招きしました

昨日は第46回目のウズウズでした。
46回目の講師役をお願いしたのはイケダハヤトさん。
TechWaveの湯川さんの言葉を借りると、ソーシャルメディアに興味ある人なら誰もがご存知の「若きオピニオンリーダー」です。

P1000435.JPG

イケダハヤトさんは「ソーシャルウェブが拓く未来」というブログを書かれていますが、私ももちろん読者でした。
去年からウズウズではソーシャルメディアをメインテーマにやっていましたので、いつかイケダハヤトさんにお願いできないかなとタイミングをはかっていました。
声をかけずらかったのは会社員であるということ。きっといろんな制約があって難しいんだろうなと勝手に思っていました。
そんなある日、イケダハヤトさんのブログでこんな記事がありました。

情報収集ツールとしてのQuora
Quoraは招待制になってしまったようです。メールアドレスを教えて頂ければ招待を送れますので、ご興味がある方は僕のツイッターかフェイスブックにでもメールアドレスをご連絡ください。

海外に実名のQ&Aサイトがあり、それが話題になっていた時期でした。
それが招待制になっていたので、どうしてもどんなものか見たかった私は思い切って「私にも招待状をいただけないでしょうか?」とコンタクトを取りました。
するとすぐに招待状を送ってくださり、一言添えていただいていた言葉がとても気さくな方なんだろうなと思わせてくれるものでした。
それで、断られたら断られたでいいやと、ウズウズをやっていることを伝え、そこでの講師役をやってくれませんか?と依頼メールを出しました。
すると思わぬ返事が。

「光栄なご連絡有難うございます!
ウズウズは以前より注目していました。お声掛けいただき光栄に思います。」

おわっと!ウズウズのことを知ってくれているとは!
とても嬉しい言葉でした。
毎月1回、4年近く続けてきてよかったなと心の底から思える瞬間でした。
そんなこんなで、コンタクトを取らせていただいてから、トントン拍子でお話が進み、無事当日を迎えることができた訳でした。
前日のイケダハヤトさんのツイートにはこんな内容が。

戸越銀座の牛角にて奥さんと明日の大阪講演の練習!喉が枯れてしまった。価値を提供できるように頑張ります、less than a minute ago via TweetDeck


当日、本当に声がかれていました(笑)
こうしたお人柄はプレゼンの中にも出ていて、参加者がどんな職業なのかきちんとチェックされており、例を出すときは、それらの方に当てはまる内容を用意してくれていました。
また、プレゼンの内容はパワーポイント百数十枚にもおよぶもので、2時間の講演をお願いしたのですが、あれは、実質4時間分ぐらいの内容だったのではないでしょうか。
早い口調ではあるのですが、すべて体験されたこと、体感されたことをお話してくれるので、スーっと頭の中にその内容が入ってくることができました。
そりゃあ、あれだけ一生懸命話してくれると喉もかれて当然です。
内容てんこ盛り、そして非常に質が高いその内容に参加者も感銘を受けている方が多く、ツイート数はこれまでのウズウズの中で最高でした。
つぎゃったー:ウズウズ第46回勉強会:『PushからPullへ!「お助けマン」になろう~ソーシャルウェブ時代のパーソナルブランディング~』講師:イケダハヤト氏
懇親会では、喉をつぶしているにも関わらず、すべての席をまわっていただき、みんなの質問などに親身になってお話してくれる姿に、またもくらっとなってしまいました。(笑)
そして、懇親会終了後には、とても嬉しいことにこういうツイートを残してくださり、

#wsws 講演&懇親会終わり!みなさん本当に良い方ばかりで、最高の時間が過ごせました。本当にありがとうございました!しっかり恩返ししていきます。less than a minute ago via TweetDeck


しかし本当にみなさん良い人だったなぁ…。なんか思い出して涙目になりかけた。お誘い頂いてホントに感謝です。大阪の方は人情厚いです。less than a minute ago via TweetDeck


また、次の日にはさっそくブログの記事にもしてくれました。
大阪でパーソナルブランディングとリーダーシップについて講演してきました( #wsws )
講演のご依頼をしてからのやり取り、そして前日の準備のツイート、当日のプレゼン内容、懇親会でのお姿、そして懇親後のツイート、ブログ記事。
こうしたものを見ると、イケダハヤトさんのファンが多いこともうなずけます。
(もちろん私もますますファンになりました!)
ツイートやブログでベビログのこと、私のことにに触れてくれているのもとても嬉しかったのですが、私が一番嬉しかったのは「ウズウズでの時間が最高だった」言ってもらえたことです。
私は自分には自信を持っていませんが、ウズウズの雰囲気の良さ、参加者のみんなが作り出すあたたかさにはものすごく自信を持っています。
これまでの講師をしていただいた方からも、「これまでのセミナーの中で一番楽しかった!」「ものすごくいい人ばかりでやりやすかったです!」「なんでこんなあたたかな雰囲気なんですか?」と何人もの方から言われています。
これは「知恵を共有して、みんなで成長していこう」というウズウズのコンセプトに本当に賛同してくれている方が参加してくれているからだと私は思っています。
皆さんがそうした雰囲気をつくってくれるので、私はどんな著名な方だって自信を持って依頼することができるのです。
まもなく4周年を迎えるわけですが、ここまでこれたのも参加者の皆さんのおかげ、そして、講師役を引き受けて知恵を共有してくれる方のおかげと深く感謝しています。
イケダハヤトさん、本当素敵な方でした。

P1000429.JPG

大阪で昨日お会いできなかった方ももしかしたら今がチャンスかもしれませんよ!

大分前からツイッターで繋がっていた方々ともお会いできて嬉しかったです。やっぱり会うって大切です。会うべき人を会いやすくする、って方向はこれから進めていきたい。東京だけでなく、関西方面でも。 #wswsless than a minute ago via TweetDeck

babyloghp.jpg

大阪の起業家 勉強会
wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤ ~知恵の共有ワークショップ~

「ウズウズ for キッズ」を立ち上げます!

3月に「ウズウズ for キッズ」なるものを開催したいと考えています。
ウズウズとは私が主宰している、起業家向けの勉強会でビジネスに役立つ知恵を共有してもらっています。
「ウズウズ for キッズ」では、それを子ども向けの講義に変えてもらい、受講するのは子どもたちというカタチです。
「ウズウズ for キッズ」をやろうと思ったきっかけはいろいろとありますが一番大きいのは、今の教育現場に不満を感じていることです。
うちの子どもは小学校1年生なのですが、秋の運動会を見て驚愕してしまいました。
徒競走がない。リレーは全員リレーのみ。しかもリレーのときにかかる音楽がバラード調。
”競争”がまったくと言っていいほどないのです。
プログラムからは「調和」というテーマが全面的に出ていました。
「調和」が悪いとはいいません。行き過ぎた競争社会もどうかとは思います。
しかしながら、どう考えても”競争”が少なすぎる。
私は、今の日本の競争力の弱さの縮図を小学校教育に見たような気がしました。
大半の子どもが通う公立学校がこんな感じでしょうから、正直日本国内でわが子をいわゆる”勝ち組”にするのは簡単だとも感じました。
しかし、国内で勝ち組になったとしても、これからのグローバル社会では何の意味もなしません。
また、私はiPadなどを活用した勉強は暗記教育ではなく、本当の学ぶことの楽しさを教えてくれるものだと考えています。
例えば、「Star Walk」というiPhoneアプリがあります。
これを先日、息子に買ってあげたら、一瞬で星の世界に惹きこまれました。
どういうアプリかと言うと、iPhoneに星空が表示されており、iPhoneを空にかざすとそこには実際に見えている星が何の星か名前を表示してくれるのです。
息子は星を見る度にiPhoneを取り出して何の星か調べるようになりました。

starwalk.jpg

ご参考)Star Walk – 5つ星の天体観測ガイド
本当に身につく勉強というのはこういうものだと思うのです。
おもしろいから興味を持ってどんどん自分で調べていく。
そんな流れに持っていける1つのツールがiPhoneやiPadだと思うのです。
しかしながら、日本の教育現場にこうした端末の導入されるのはまだまだ先の話です。
韓国やフランスでは今年から電子教科書が義務化されるとのことです。
1年1年の遅れが大きな差になっていきます。
競争させない。本当の学ぶ楽しさが学べない。という今の学校教育を変えることができるのか?
ウズウズにも数名の方がPTA役員をされているので、いろいろとお聞きしていたのですが、これがいろんなしがらみがあって非常に難しい。自分もほとほと困っているということでした。
こうなってしまうと、どうしても、「行政がこれだから」と文句を言ってしまいがちになるのですが、そんなこといくら言ったって何の解決にもなりません。
自分でできなければ、そうしたことを強く訴えかけている政治家を応援したり、何か行動を起こさなければ何も変わりません。
そんな訳で、私にできることをはじめて行きたいと思った次第です。
それが、「ウズウズ for キッズ」です。
学校では教えてくれないこと、例えば先の例のようなiPadなどを活用した勉強の仕方であったり、英会話ができるとどれだけ世界が広がるかといったことを教えてあげたり、はたまた、ウズウズには多種多様の職業の方が参加してくれているので、それぞれの仕事の事を話してあげたりと。
そうしたことを教えてあげることで、子どもは将来何が必要で、自分はそのためには何をすれば良いのか、また、将来何になりたいかということも見えてくると思うのです。
この案を昨日の夜中、ウズウズのメーリングリストに投稿したところ、10名を超える方から賛同の返信をいただきました。
皆さん、やはり同様のことを感じておられたようです。
そんなわけで、現在1回目の「ウズウズ for キッズ」を3月に開催すべく、準備しています!
告知まで今しばらくお待ちくださいませ!
P.S
運動会でもそうでしたが、先生は子どものことを思って一生懸命やってくれています。
指導要領やいろんなしがらみの中でやらざるを得ない教育現場におられ、本当に大変な職業だと思います。(モンスターペアレンツや学級崩壊なども・・・。)
この記事は先生や学校を批判するものでは決してなく、行政でできないことは自分達ででがんばらないといけませんねという考えに基づくものです。あしからずご了承くださいませ。

babyloghp.jpg

大阪の起業家 勉強会
wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤ ~知恵の共有ワークショップ~

湯川鶴章氏講演の勉強会が無事終了しました!

昨日、無事40回目のウズウズが開催されました。
先日のブログで紹介させていただいたように、今回はTech Waveチーフブロガーの湯川鶴章氏を東京からお迎えし、「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」をテーマにお話いただきました。
中々ない湯川さんの大阪の講演というだけあって、お盆にも関わらず非常に多くの方が参加してくれて、皆さんソーシャルメディアに非常に関心を持たれていることを感じることができました。

yukawa.jpg

湯川さんとのつながりは私が一方的にお願いして、ベビログのiPhoneアプリをリリースした際にtwitterでつぶやいていただいたりiPhoneアプリの出産なうキャンペーンをTech Waveに書いていただいたりということがありました。

yu_shussan.jpg

そんな中、とある日、湯川さんが次のようなことをつぶやかれていました。

t_yukawa.gif

これはチャンスと”ぜひ大阪で「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」ついて、ご講演の依頼させていただけないでしょうか。”とメールを出したところ、二つ返事で快諾いただき、今回の勉強会が実現したわけです。
実はTech Waveのページにも書かれているのですが、湯川さんは大阪にひとり暮らしをされているお母さんがおられるということで関西方面での講演は歓迎だったようです。
ちょうどお盆の時期に来ていただけてよかったなと思った次第です。
今回も前回に引き続き、関西ウォーカーさんの取材が入りましたが前回同様にウズウズの取材はありませんでしたToT
次の機会に期待したいと思います!
昨日の今日で早速参加された方が数名、勉強会の内容をブログやUSTREAMにアップしてくれています!(ありがとうございます!!)
ぜひご覧くださいませ。
◆美容室マネージャーきよの一人終礼。業務報告&情報共有
◆SEO時代の終焉から人間関係の時代へ|-礎-isizue
◆@tsuruaki さん講演の『ソーシャルグラフが変える社会のあり方』に出席してきたよ。 #wsws | きのしたしげおのライフログ
◆ウズウズの勉強会に参加させて頂きました|ただいまRuby on RailsとGoogle App Engineを勉強中
◆国と言うものが意味を無くす!!ソーシャルグラフの新しい世界!!|家づくり成功へのみちしるべ、太田のブログ<
次回勉強会はSEOの第一人者、住太陽氏をお迎えしSEOについてお話いただきます。
どうぞお楽しみに!

babyloghp.jpg

大阪の起業家 勉強会
wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤ ~知恵の共有ワークショップ~

8月のウズウズは湯川鶴章氏の講演です!

主宰させていただいている
大阪の起業家勉強会 「wisdom sharing work shop~知恵の共有ワークショップ~」通称ウズウズですが、
毎月1回開催させていただいていて、8月13日開催分で40回目を迎えます。

babyloghp.jpg

記念すべき40回目のウズウズはTechWaveチーフブロガーの湯川鶴章氏を東京からお迎えし、「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」をテーマにお話いただきます。

tech_yukawa.jpg


ブログ、twitter、USTREAM、YouTubeなどソーシャルメディアの台頭でこれまでのネットマーケティングのあり方が変わってきています。
今から意識して体感していかなければ、近い将来大きな差ができてしまうという危機感をずっとは持っていました。
ですので、何とかウズウズの参加者の方にソーシャルメディアの重要性、そして、それを体感してもらうことはできないかと思い、今年の4月の勉強会からテーマをそちらに向けました。

  • 4月:アメブロ+twitter活用
  • 5月:facebook活用
  • 6月:USTREAM活用
  • 7月:iPhone+iPad×google(クラウド)活用
  • 4月から7月まで参加された方は現在ネットで注目されているこれらのサービスの概要を理解いただけたと思います。
    そして実践いただくことでこれまでとは違う何かを感じ取っていただけたと思います。
    8月のウズウズは、これらのサービスが台頭してくることでどのような世界が待ち受けているのか?それを湯川鶴章氏にお話いただきます。
    お話いただく内容はこちらです。

  • ・Google時代、SEO全盛時代の終えん
  • ・ソーシャルメディアとマネタイズ手法
  • ・Facebookの人間関係が米国のウェブのインフラに
  • ・情報や物、金は人間関係を通じて動くようになる
  • ・mixiのソーシャルグラフ戦略
  • ・Twitterが日本のウェブを実名主義に変えた
  • ・オンラインの友人関係とリアルな友人関係が融合し、モバイルに搭載される
  • ・新しい決済システムの登場
  • ・楽天とFacebook
  • ・シリコンバレーの拝金主義の終わり
  • ・プライバシーの新しい概念

  • 大きな潮流を見せるソーシャルメディアについてご興味ある方には見逃せない内容です。
    こちらの勉強会はウズウズのコンセプトに共感いただける方であれば、どなたでも参加いただけるものです。
    湯川氏の大阪での講演はあまりありませんので、数日のうちに80名の定員に達するのではないかと予測しています。
    参加を希望される方は下記のページのコメント欄からお申込みくださいませ。
    ★「ソーシャルグラフが変える社会のあり方」講師:湯川鶴章氏のお申込みページはこちら

    関西ウォーカーに掲載されました!

    というのは嘘で、いやいや、嘘ではありません。
    このように2010年7/20本当に掲載されています。
    豆粒のようですが・・・(T_T)
    ※クリックで拡大表示されます

    こちらの記事は、私が主宰している大阪の起業家勉強会「ウズウズ」で6月に講師を勤めていただいたヒマナイヌ川井さんが取材されたものです。
    講演いただいた内容はもちろん「USTREAM」についてです。
    川井さんに依頼させていただくきっかけになったのもUSTREAMでした。
    名古屋の「USTREAMER養成講座」を講演されているときに、その模様がUSTREAMでも配信されていました。
    講演途中に「全国どこでも講演に行きますよー!」という声を聞いて、twitterから「次はぜひ大阪に!」と手を挙げて、うちの勉強会で講演が実現したのです。
    当日までに80名近くの方に参加表明をいただき、当日はこんな感じになりました!

    ust_kawai.jpg

    個人が簡単にネット中継できる時代。すごい時代になりましたね。
    この講演をきっかけに勉強会の参加者も積極的にUSTREAMを配信するきっかけになりました。
    そこで、先週から行っているのが、「ウズウズUSTリレー」。
    ウズウズの参加者から希望者を募ってUSTREAMの配信をリレー形式で行います。
    これまで2回行い計8名の方に配信してもらい、一人持ち時間15分で自身が持っている知識・知恵を共有してもらいました。
    8名のうち、5名の方が録画していましたので、こちらで紹介させていただきます。
    WINGS英会話 太田さん「3分間で外国人を退屈させない方法」
    はり・きゅう経絡ケア 松野さん「睡眠と健康について」
    クレセントヘアー 中野さん「容室マネージャーきよの一人終礼。業務報告&情報共有」
    心理カウンセラー 山崎さん「なぜ年を取ると記憶力が悪くなるのか。大人の記憶法。」
    Arch Core Inc. タダさん「若くあり続けるための秘訣 お教えします!」
    それぞれの専門分野で活躍する方たちのお話。
    本当に為になります。
    USTリレーを企画した理由は2つありました。

    1.知識・知恵の共有
    ウズウズのコンセプトである、「知識、知恵を共有し、助け合いながら成長していく」これをUSTを利用することでもっとできないかという思いがあります。
    ウズウズではI非常に多岐にわたる分野の方にお越しいただき、それぞれの方がお持ちの知識・知恵を共有いただいています。
    しかしながら、勉強会の講師役としてお話いただく方は限られており、講師役をされていない方はすばらしい知・知恵を持っていながら参加者間であまり知られていなかったりします。(延参加人数が1,000人を超えるとどうしてもそうなってしまいます。)
    そこで15分間という短い時間でハードルを下げて、お話いただく方を増やす。
    そうすることで参加者間でお互いのことをよく知ることができ、これまで以上にビジネスがうまれたりするのではないかという理由です。

    2.USTREAMを配信することのハードルを下げる
    USTREAMは簡単に個人が配信できますが、一人で話すことの抵抗感、また、配信しても誰も聞いてくれないのではということを危惧されている方も多くいます。
    UST配信リレーをすることで、他の人もやっているのなら自分もできるのではないかという安心感、そして、イベントとしてやることで視聴者が必ずいるという安心感。
    2つの安心感で配信するハードルが下がればと思っています。

    こうした思いに賛同いただけそうですので、USTリレーは毎週やっていきたいなと思っています。
    ウズウズのHPに配信予定番組表を作っていますので、ご興味のある方はチェックしていただきぜひぜひ観ていただけると嬉しいです。(ちなみに次回予定は7月15日(木)21時からです!)
    ウズウズ参加者によるUSTREAM配信予定表

    佐藤秀峰さんから息子へのつぶやき(twitter)

    うちの息子は6歳。
    将来の夢は漫画家だそうです。
    そう言うだけあって暇さえあれば絵を描いています。
    今のお気に入りはドラゴンボール。
    私が小学4年のときに始まったこの漫画。
    2世代に渡って魅了させるとは怖るべし鳥山明です。
    息子はどうもヤムチャが気になるらしく、「ヤムチャばくはつ」という過激(?!)な漫画を描いたりと先日もヤムチャの絵を描いていました。
    こちらが息子が描いた絵です。

    yamucha.jpg

    私自身、実は絵を描くのは得意だったりするのですが、とても6歳のときにここまで描くことはできませんでした。
    親バカ抜きかなり上手いと思うのですがいかがでしょう?(笑)
    ただ、、、紙の下の方を見てください。
    濡れているのがわかると思います。
    実はこれは息子の涙なんです。
    上手く描けないと泣き出してしまったのです。
    いやいや、十分上手いよと慰めても泣き止まず。
    はてどうしたものかと思ったときに思い出したのが、佐藤秀峰さんのUSTREAM。
    佐藤秀峰さんは「ブラックジャックによろしく」や「海猿」などを描かれている漫画家さんです。

    新ブラックジャックによろしく 1 移植編 (ビッグコミックススペシャル) 新ブラックジャックによろしく 1 移植編 (ビッグコミックススペシャル)
    佐藤 秀峰

    小学館 2007-02-28
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    海猿 (1) (ヤングサンデーコミックス) 海猿 (1) (ヤングサンデーコミックス)
    佐藤 秀峰 小森 陽一

    小学館 1999-05
    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    佐藤秀峰さんはUSTREAMでペン入れの風景などをたまに配信されているのです。

    satoshuho.jpg

    プロの漫画家がどんな感じで描いているのかUSTREAMを見せてあげると尊敬の眼差しで食い入るように見始めて、パタっと泣き止みました。
    いやー、漫画家さんてすごいですね。
    髪の毛一本一本丁寧に丁寧に長い時間をかけて描きあげていきます。
    何かなしにパッパッと漫画を読んでましたが、これからはひとつひとつの絵をじっくりと見て読んでいこうと思いました。(笑)
    佐藤秀峰さんはtwitterもよく使われているので、こんなツイートをしてみました。

    twi01.gif

    リプライが来たら息子は大喜びするだろうなと待っていたところ、次の日に来ました!!

    twi02.gif

    twitterをやっている著名な方ってコミュニケーションを大切にされている方が多いので、きっと佐藤秀峰さんも返事をくれるのではと予想してましたが、実際に返事をもらえるとやはりとても嬉しいものです。
    私より、数倍喜んだのは言うまでもなく息子です。
    「楽しんで描くことが大切」
    とてもいい言葉ですね。
    私自身、起業して感じることですが、楽しんで、ワクワクすることじゃないととても強い意志を持って継続して頑張り続けることができません。
    私としては、漫画家よりもプログラマーになって仕事を手伝ってほしいなぁと思うのですが(笑)、息子の夢を思いっきり応援してやろうと思います。
    「頑張れよ!」
    いやいや、もとい。
    「楽しんで描けよ~。」

    主宰している勉強会が3周年を迎えました!

    babyloghp.jpg

    昨日は、主宰している大阪の起業家勉強会「wisdom sharing work shop」(通称ウズウズ)の3周年記念でした。
    2007年4月20日に第1回目を開催し、毎月1回開催し、36回目を迎えたわけです。

    ・みんなの知恵を共有して助け合いながら成長いくこと
    ・決して営業目的で参加しない

    この2つのコンセプトだけはしっかりと守り、あとは自由に、臨機応変にやってきたことが功を奏して3年間継続することができました。
    そして何より、様々なジャンルの方が参加し、そして、その専門的な知識・知恵を惜しみなく共有していただいたことがウズウズを発展させてくれたのだと思います。
    これまで参加いただいた皆さま本当にありがとうございます。
    今回は3周年ということもあり、これまでと少し違った趣きのことをやろうと、Ustreamとtwitterを活用して行いました。
    Ustreamで勉強会の内容をLIVE配信して、twitterは勉強会のことについてつぶやいている内容を会場の全員に見えるようにスクリーンに映し出しました。
    もちろん、つぶやいている人は会場に来ている人だけではなく、Ustreamを見ている人も含まれるわけです。

    3years2.jpg

    結果はとてもおもしろいものになりました。
    講師の方が質問するのですが、90名近くいる参加者誰もが手をあげません。
    さすがにこれだけ参加者がいると緊張して手があげにくいのでしょうね。
    しかし、これとは正反対にtwitter上ではバンバン回答がつぶやかれていきます。
    その中には会場に来ている方も含まれています。
    手は上げられないけどつぶやくことはできるという何とも日本人らしい性質を垣間見ることができ、twitterとかネットって自己主張が苦手な日本人にピッタリだなぁと改めて実感した次第です^^;
    また、Ustreamを見ていた方は延べ300人くらいおり、その方たちも積極的につぶやかれます。
    これまではセミナー中に参加者の声を聞くことが中々できなかったわけですが、twitterを使えばいとも簡単にできてしまい、しかも、Ustreamを使うことで会場に来ていない方の声もリアルタイムで聞くことができるのです。
    これまでにはなかったスタイルの在り方でいろんな意味で今年は変革の年だなと実感した次第です。
    今回、非常に多くの方に参加いただきました。
    最終的には90名近くの方に参加いただき、これまでの最高人数となりました。

    3years.jpg

    これだけの人数が集まったのは3周年記念ということもありますが、それより何より講師役を勤めていただいた中嶋茂夫さんの知名度があってからこそだと思います。
    セミナーの内容が良いことはもちろん、人柄もとてもよい方で記念すべき回にご依頼して本当によかったなと思いました。
    そうそう、何と参加者全員に今年2月に出版された「アメブロだからできる パワーブロガーになって夢を叶える方法」をプレゼントしてくれたんですよ。しかもお忙しい中、一人一人の名前を入れてサイン入りで。(90冊分書くのはほんと大変だったと思います。)
    オープニングのキーポイントにはウズウズ3周年のお祝を入れてくれたりと、いろいろとお気遣いいただき3周年記念に花をそえてくれました。
    中嶋さん本当にありがとうございました。
    今回のLive配信は録画もされており、こちらで見ていただくことができます。
    お話いただいた「twitter&アメブロ活用」にご興味がある方はぜひご覧くださいませ。
    ※今回のUST配信をすべてやってくれたのは@pro_hideさん。何と6台のカメラとデスクトップPCを持ち込んで!)
    そんなこんなで多くの方の協力を得て、無事3周年記念を終えたわけですが、これからも皆さまと知恵を共有しながら、お互いに成長し、そしてウズウズ自身も成長させながら、10年、20年と続けてまいりたいと思います。
    今後ともウズウズをどうぞよろしくお願いいたします!

    大阪の起業家 勉強会
    wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤
    ~知恵の共有ワークショップ~

    三つ折り名刺作りました!

    事業がいろいろと広がってくるにつれて、名刺交換をする数分の間にすべて説明することができなくなってきました。
    何かいい方法がないかなと考えていたところ、起業当初から懇意にしていただいている吹田にある印刷会社アーツの黒木社長に三つ折り名刺を紹介していただきました。
    ちょうど会社案内も作っていませんでしたので「これはいい!!」とアーツさんにお願いして三つ折り名刺を作っていただきました。
    で、できたのがこちら!

    弊社の事業内容がひとめでわかる素晴らしい出来映え!
    さすがはアーツさんです。
    私の細かなこだわりに最後までお付き合いいただいた担当の永井様、ありがとうございました!
    黒木社長とは大阪府グラフィック協同組合で私がサイト運営・SEO対策についてのセミナー講師をさせていただいてからのお付き合いです。
    それから定期的にアーツさんのサイト運営についてアドバイスをさせていただいているのですが、逆に私の方がいつも経営や事業についてご指導をいただいています。
    1代でここまでの会社を創られた、私が無条件で尊敬できる先輩社長のひとりです。
    arts.jpg
    ※黒木社長の素晴らしいお人柄が出ているブログはこちら!
    アーツ社長の「何があってもへっちゃら♪」
    実はアーツさん、現在すごい勢いでサービスを立ち上げられています。
    ざっと並べるとこんな感じ。

    年賀状印刷.com

    PTA新聞の印刷屋さん

    賞状制作工房

    会社案内作成プロジェクト

    パンフレット作成.com

    繁盛券

    DMハガキ作成.com

    販促チラシ作成.com

    おたより.com

    メニュー 作成

    携帯 販促「いつもプラス」


    どのホームページにも社員さんの笑顔が溢れていて、これを見るだけで良い会社なんだなと思いませんか!?
    実際、起業してからというもの雇われる生き方は考えらないにも関わらず、「こんな会社で働いてみたい!」と思わせてくれる会社です。
    上記サービスで何か作ろうと思っている方はぜひぜひアーツさんに依頼してみてください。
    暖かな丁寧な対応で素晴らしい商品を提供してくれます!
    大阪府吹田市の印刷会社 株式会社アーツ