株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

Date : 2010.2.6

真面目さ

幼いころから言われ続けていること。
「真面目だね。」
思い返せば、幼稚園時代に先生から「のりと君はきく組の見本やなぁ」と言われたころからそういうイメージがあったように思います。
この言葉が学生時代はとてつもなく嫌でした。
真面目=面白みのないヤツ
そういうイメージが拭えなくて、何とか自分はみんなが思ってるほど真面目じゃないんだということをアピールしようとして気がします。
でも、起業してからこれが大きな強みに変わりました。
「信頼を得ること」、「誠実さ」こそ商売の原点。
そう感じることが多くあります。
有り難いことに「板羽さんところなら誠実にやってくれそうだから安心して頼めるわ。」という言葉を何度もいただいています。
今、「あなたの強みは何ですか?」と聞かれたら迷わずにこう答えます。
「誠実(真面目)なところです。」
きっと私にそっくりな息子も「真面目やなぁ~」と言われることでしょう。
でも、安心しいや。それは君のとてもよい面だから。

chrll.jpg


現在、ベビログが今年リリースする新サービスの第1弾「ベビログメモリアルショップ」の準備が着々と進んでおります。
しかし、そのショップの一番根幹となるショップ名とキャッチフレーズを決めるにあたり、ひじょ~に悩んでおります。
候補に挙がっているショップ名とキャッチフレーズはプロのコピーライターに作成してもらいました。
そのコピーライターとは・・・
実は2月9日の記事で書いた20年ぶりに再会した小・中学時代の友人なんです。
「もしよかったら、今度の新サービスのショップ名を考えてくれへん?」とお願いしたところ、快く「俺でよければ喜んで」と引き受けてくれたのでした。
小・中学時代の多感な時期を一緒に遊んだ友達と20年ぶりに再会して、そして、またこうしたカタチで関わりあえることが嬉しくて仕方ありません。
ベビログは構想、立ち上げの時期から本当にたくさんのいろんな方に助けていただいています。
そしてユーザーの皆さまにも助けていただきながら、少しずつですが成長していっています。
決して私どもだけでは育てていけない「ベビログ」。
まわりの方、ユーザーの方に大変感謝いたしております。
前回の日記にも書かせていただきましたように、ベビログには幸せなメモリアルな瞬間をより感動の残るものとし、それが形として残り、いつでも思い起こしてもらい、幸せな瞬間を追体験してもらいたいというコンセプトがあります。
しかし、今のベビログではデータとしてだけしか想い出が残りません。
データだけではなく、メモリアルなものを形に残すことで、よりリアルに幸せな瞬間を追体験してもらいたいという思いが、今回の「ベビログメモリアルショップ」を開始するに至った経緯です。
「ベビログメモリアルショップ」では、どこにでもあるものを提供させていただくのではなく、ユーザーの皆さまのすてきな想い出を永遠に残すことができるものをご提供させていただき、『想い出を残すお手伝い』をさせていただければと考えています。
このような想いをこめた「ベビログメモリアルショップ」にはどのようなショップ名、また、キャッチフレーズがマッチすると思いますか?
とても私だけでは決めることができません・・・
そこで、候補の中から選択していただくカタチでアンケートページを作成しました。
ぜひとも、皆さんのご意見をお聞かせいただけないでしょうか。
みなさんに末永く愛される名前、キャッチフレーズをつけたいと思っています!
◆◆◇アンケートのお願い◇◆◆———-
キャッチフレーズ投票ページ
ショップ名投票ページ
————————————-


babylog_1.jpg

昨年、知り合いを中心にベータ版を公開したのが1月下旬。
そして一般の方にも正式公開したのが3月1日でした。
そうなんです。
ベビログが無事、1歳を迎えました!
「あれ、、まだ1年しか運営してないの?」と何とも不思議な気持ちです。
ベビログを生み出すまでもとても大変な思いをしましたが、やはり運営していくこともとても大変です。
ユーザーの皆さまの大切な思い出をお預かりしているわけで、それに細心の注意をはらうことは当然ですし、よりよい思い出を残していただくために機能改善も必要です。
そして、新たなサービスも開始していかなければいけません。
その新たなサービスの第1弾が春先にオープン予定の「ベビログメモリアルショップ」です。
ベビログのコンセプトのひとつ。
「子どもに親の愛情を感じてもらうこと。」
それには幸せなメモリアルな瞬間をより感動の残るものとし、それが形として残り、いつでも思い起こしてもらい、幸せな瞬間を追体験してもらうことが大切なことではないかと考えています。
今のベビログではデータとしてだけしか思い出が残りません。
データだけではなく、メモリアルなものを形に残すことで、よりリアルに幸せな瞬間を追体験してもらいたいという思いが、今回のショッピングサービスを開始するに至った経緯です。
素敵な思い出をいつでも思い起こしてくれる素敵な商品をユーザーの皆さまにご提案できればいいなと考えています。
ベビログはようやく1歳になりました。
これからも「ベビログ」を皆さまの手によって共に育てていただければ嬉しく思います。
皆さまの変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
※ベビログでは現在、「ベビログメモリアルショップ」で取り扱う、思い出が残る素敵なメモリアル商品を探しています。
「こんな商品があるよ~」とか「うちの商品をぜひ!」という声がありましたら、ぜひぜひ下記フォームよりご連絡くださいませ。
http://babylog.co.jp/contact.html


猛烈に反省してます。
二度と同じことをしないようにしっかりとブログに記しておこうと思います。
私はいつも時間というものを大切にしようと心がけています。
ですので、約束した時間には決して遅れることがないように心がけています。
誰でも1日は24時間しかないわけで、どちらがアポイントをお願いしたかに関わらず、その貴重な時間の枠を私のために空けてくれているわけです。
その貴重な時間を自分の都合で潰してしまう、予定をくるわせてしまうことは許されないことだと日々思っているわけです。
それが、今日・・・
こともあろうことか、アポイント自体がすっぽりと頭の中から抜け落ちていました。
しかも、先方の方から連絡をいただいて初めて気付く始末。
頭の中から抜け落ちていたというより、機械に頼りきっていたんだなぁということがよく分かりました。
私は予定をいつも携帯端末で管理しています。
今日の予定が画面に常に表示されているのですが、初めの予定の文章が長くなっていたため、2番目の予定が隠れていたのです。
いつもしっかりと把握していると思い込んでいた予定ですが、実はポイントでしか見れていなかった訳です。
猛烈に反省させていただき、今後同じことがないようしっかりと心に刻ませていただきます。


kokki.gif

先日、とても嬉しいメールが届きました。
送り主は役所時代の同期のEさん。
私と同様役所を辞めて、現在は海外におられるそうです。
「久しぶりに名前を見つけて、嬉しくなり連絡してしまいました。」
という言葉だけでも嬉しいのに、さらにその後に
「ロンドンでも、アメリカでも私の周りのお母さん達は「べビログ」会員ですよ!!」
とのこと!
ベビログ会員に海外在住の方が結構おられることは把握していましたが、こうして直接聞くととてつもなく嬉しいです!
ベビログのコンセプトは”家”です。
空間的に離れていても、ベビログという同じ屋根の下で思い出を一緒につくっていき、そして家族で共有する。
そして、子どもの成長というものを軸に家族間のコミュニケーションをはかることができる。
そんな想いで運営してますので、まさに空間的に離れに離れている海外と日本の家族をつなげることができていることに感無量です。
これからもひとつでも多くの家族の思い出作り、そしてコミュニケーションをはかることのお役に立てるようがんばって運営していこうと思います。
「家族が幸せになれば社会も幸せになる」という想いを胸に。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13

プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る