株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

地震があってから、バタバタしていて、なかなか息子と長い時間接してやることができていませんでした。
息子もテレビや学校で話しを聞いていて、小学1年生は1年生なりにいろんなことを感じながら、心を痛めてストレスをためているんじゃないかと思います。
3連休の最終日の昨日、息子と思う存分遊んであげようと、好きなこと何でも実現してあげるよと特別デーにしてあげました。
朝何時から何時まではこれをして、お昼は何を食べて、それからその後はこれをして・・と楽しそうに計画を立てる息子。そのひとつに選んだのが映画鑑賞でした。
息子が選んだのはこちらの映画。
「ドラえもん のび太と鉄人兵団」

doraemon.gif

この映画、むちゃくちゃ感動しました。
ものすごいメッセージを感じました。
どこに一番感動したのか・・・。
それは、地球のために強大な敵に立ち向かうのび太やドラえもんたち。
そして、自分を犠牲にしてまでのび太たちを助けようとするリルルとピッポ。
自分の安全よりも地球のこと、そして、相手のことを思いやるその姿に号泣してしまいました。

doraemon_nobita.gif

doraemon_shizuka.gif

これまでであれば、正直言ってここまでは感動することはなかったと思います。
「地球や他人のために、命をかけてやるなんて漫画の世界だなぁ。」ときっとこう思っていたと思います。
しかし、この震災で、被爆することが分かっているのに、日本を救うために原発に赴いてくれている人たちがいてます。そして今、日本中が思いやりの心であふれています。

ドラえもんの映画は子ども時代からたくさん観ていますが、すべての映画において、仲間を思いやるというメッセージが含まれています。
ドラえもんには「お互いに思いやるということが、とても大切なことなんだよ」ということを本気で子供たちに伝えようとしてくれていたんだということが、この年になってようやく気づきました。
本当にすごい漫画だと思います。
もうひとつ感動したのは、私が鼻をすすって観ていると、隣の席でヒックヒックという声が。
息子も目をこすって泣いていました。
こういう気持ちが分かるやさしい子に育ってくれたんだなぁと、私はさらに泣いてしまいました。
二人で目を真っ赤にはらしながら映画館を出て感じたこと。
「思いやりの心があるこの日本はきっと復活する。」
そんなことを改めて感じた1日になりました。


prayforjapan.jpg

新しいサイトを立ち上げました。
がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN
このサイトはプログラマーであるスクルトの神守さん、デザイナーであるbeyerの梅田さんと共に立ち上げました。
今回の東北地方太平洋沖地震では幸いなことに関西では一切被害がありませんでした。
テレビやツイッターなどで被災地の様子を見ていて、我々は何ができるのか、考え続けました。
祈ること、義援金での貢献。
そのほかには何ができるのか・・・・。
そこで出した結論は、”日本人が一丸となって復興に向けて立ち上がる”という気力がわくサービスを作ろう!ということでした。
今、日本はとんでもない状況に陥っています。
しかし、人々はお互いを思いやり、日本人としてまとまりを見せています。
そして、このような状況においても、道徳感を持って行動する日本人が高い評価を海外から受けています。
今こそ、日本人が一丸となって力を合わせ復興し、失われつつあった絆を取り戻し、そして、日本人としての誇りを取り戻すことができるのではないかと思うのです。
このサイトのテーマとして子どもの笑顔を選びました。
子どもの笑顔ほど力を与えてくれるものはありません。
そして、私たちは子どもたちの未来のために、この困難を乗り越えて復興しなければいけません。
そんな想いがまとまったのは実は一昨日の夕方でした。
まず、神守さんにこんなサイトを作りませんかとメールでお誘いしました。
するとすぐに、「明日にはリリースできるようにします!」と返事がきました。
そして、次にデザイナーの梅田さんにスカイプでコンタクト。
梅田さんも二つ返事で協力してくれると言ってくれました。
もちろんお二人とも無償で!
そして、夜の9時から3者でスカイプミーティング。
それぞれの役割を分担し、徹夜で作業。
そして、1日少しでこのサイトが立ち上がりました。
早く立ち上げることを最優先したサイトですので、粗が目立つかもしれません。
でも、私達の想い、そして日本のこと、子どもたちのことを想う皆さんの気持ちが入った暖かなサイトになったと思います。
このサイトが少しでも日本が元気になる力になることができれば、こんなに嬉しいことはありません。
日本の明るい未来のために、日本人として誇りを持ち、共にがんばってまいりましょう!

prayforjapan.jpg

がんばろう、にっぽん。PRAY&SMILE FOR JAPAN


今回の東北地方太平洋沖地震被害に遭われた被災地の皆々様方、ご関係者の皆々様には、心よりお見舞申し上げます。
一人でも多くの方の救出、十分な物資の提供等、被災にあわれた方が一日でも、一刻でも早く安心出来るよう心よりお祈りしております。
関西にいる私たちに何ができるか、昨日、妻と子どもと話し合いました。
そこで出た結論は、今私たちにできることは祈ること、そしてお金での支援をすることでした。
当初は私一人でベビログという会社が何をすべきか考えようと思っていました。
でも息子が書いていた作文を読んで、これは家族で考えるべきたと思い直しました。
小学一年生は一年生なりに感じるものがあり、そしてしっかり考えているのです。

私は最後の一文の「みんないきていてください。」を読んで涙が止まらなくなりました。
今回の被災している方をテレビで見て、思うことはみんな家族が心の支えだということです。
「○○、◎◎、生きていてけろ..」
「家族に会えただけでいい。他は何もいらない。」
そんな声を聞いてあらためて家族の絆というものを考えさせられました。
家族三人で一生懸命考えました。
そして次のことを決めました。
ベビログのiPhoneアプリの利益をすべて寄付させていただきます。
一つ230円という金額ですので、十数万円、数十万円くらいにしかならないと思います。
それでも、ベビログアプリを購入いただいた、皆さんの家族を想う気持ちがつまったお金はとてもとても暖かなものだと思います。
今回の地震で家族の大切さを再認識されています。
日本人みんなが何とかしようと一丸になっています。
また、世界からも支援が続々集まっています。
ひとりひとりを思いやる気持ち、そして社会のもっとも基礎となる家族を思う気持ちが、社会の幸せにつながる、世界の幸せにつながる。
そんなことを改めて実感しています。
※ベビログアプリの紹介ページ(日本語版)
ベビログアプリの紹介ページ(英語版)
iTunesの購入ページ
※寄付先は日本赤十字社にいたします。
※まずは3月14日から4月30日までの売上分を寄付させていただきます。その後の対応につきましては、状況をみて判断させていただきます。
※ベビログのアプリはiPhoneで撮影した写真を簡単に整理できるフォトアルバムアプリです。
ベビログ(baby+log)という名前がついていますが、普通の写真整理アプリとして利用できます。


Date : 2011.3.4

妻への想い

今朝のブログで「奥さん素晴らしいですね」というコメントをたくさんいただきましたので、妻について書いてみたいと思います。
彼女はすごいです。
私なんて遠く及びません。
彼女がやりたいことを見つけて、取り組めば私なんかよりも成功する可能性は間違いなく高いと思います。
どんなところですごいと感じるか、書いて見たいと思います。
ベビログ以外の事業でテディベアのネットショップを運営しています。
単なるテディベアではなくて、思い出が形に残るオーダーメイドのテディベアをメインにあつかっています。

お子さんの生まれたときの体重で作るテディベア
これは出産祝いはもちろん、結婚式でも使われます。
新郎新婦が両親に、「こんなに小かった私をこんなにも大きく育ててくれてありがとう」という感謝を込めてプレゼントしたりします。もらった親は子どもの生れたときを思い出して号泣・・・(涙)

実際に着ていた制服をミニチュア化してテディベアに着せる制服ベア
幼稚園、中学、高校といった制服はとても思い出深いものでなかなか捨てられるものではありません。
ただ、取っておいてもタンスの肥やしになるだけです。
それを実際に着ていた制服をミニチュア化し、テディベアに着せることで、思い出としてよみがえります。

子どもが描いた絵をTシャツに刺しゅうにして、テディベアに着せるマイファーストアート
子どもの絵は紙に描いているので、どうしても劣化してしまいます。
この商品は絵をそのまま刺しゅうに再現して、アートとして思い出にしてくれるんです!

うちはベビログもそうなのですが、思い出を形にするということ、そして、「愛のあるサービスを提供する」ことをコンセプトに事業をしています。
話しが若干、宣伝ぽくなってしまいましたので、戻しますと、
妻はこのテディベアショップの店長をしてくれています。
うちのページを見ていただくと分かると思うのですが、お客様の声であふれています。

これははじめからあったわけではなく、あるときからドンドン増えていきました。
そう。それは妻に運営が変わったときからです。
それまでは、私がベビログを運営しながら、他の業務もしながらこのショップも運営していました。
どんどん忙しくなる中でとても仕事がまわらなくなり、妻に店長を任せることになりました。
やはりお客様の声をいただくことは、商品を販売することで必要不可欠なものですので、それまでも集めようとがんばっていました。
私がやっていたことはよくある「お客様の声を書いてくれたら、ギフト券プレゼントします。」みたいなことでした。
でも、全然集まりませんでした。
それが、妻に運営が変わったとたん、どんどんお客様の声、幸せそうなお子様や結婚式の写真が送られてくるようになったのです。
私は妻に聞きました。
「どうやってそんなにお客様の声を集めてるの?」と。
すると妻からの回答は想像もできないものでした。
「何もやってないよ・・」
私は、「・・・・・」です。
私があれだけ必死になってやっても集まらなかったのですから、何もやってないわけがないと思ったのです。
しかし、妻は本当に何もしていませんでした。
実は、たくさん集まってきているものはお客様の声として集めたものではなく、お客様が自発的に送ってくれている「感謝の手紙」だったのです。
私が運営しているときは、他の業務をやりながらでしたので、他の業務のお客様と話しているときにショップの問い合せがあったら十分に回答できませんし、返信するメールもやはり定型文になってしまってました。
しかし、妻は違ったのです。
ひとりひとりのお客様に対して、懇切丁寧に応対し、メールも定型文ではなく、一人一人に心を込めて書いていたのです。
そして、思い出を形にしたテディベアが届くと、本当に満足して、お客様は自然と感謝の手紙をくれていたのでした。
このとき私は学びました。
”商売はテクニックじゃないんだ。心を込めておもてなしをする、お客様一人一人を大切にするという気持ちが一番大切なんだ。”
彼女を一番すごいと思うことは、私の独立を認めたということです。
私は公務員でしたので、そのまま勤めていたら老後を含めて生活は安泰でした。
しかし、私は自分の想いを優先して独立したいと言い出しました。
ただ、私の夢は「幸せな家庭を築く」ということです。
自分のことだけを優先して、家族を路頭に迷わせることだけはできません。
そこで妻と話し合い、十分に起業できる準備が整えば、独立しようということを決めました。
まずは貯めるものを貯めないといけません。
それからの生活の切り詰めようは今思い返せば自分でも笑えてくるぐらいです。
酒、タバコ、ギャンブルは一切しないのは当たり前。車は絶対に買わない、どこに行くのも歩き、自転車、電車。 節約、節約….
妻も必死にがんばってくれました。
化粧をやめて、服も一切買わず今まであるものですませる。
そして買い物はスーパーへは閉店30分前に。
大根を買ってきて、葉っぱを炒めて食べていたのも今となっては良い思い出です。
私はいろんな事情があったので、こういう貧乏生活には子どものころから慣れてました。
妻は特に何不自由なく暮らしてきたにも関わらず、こんな厳しい生活を5年間も一緒にがんばってくれました。
二人で必死になってがんばって、予定していたよりも3年ほど早く、目標に達することができました。
ある晩、私は妻に意を決して「そろそろ起業しようと思うんだけど。」と発しました。
今まで独立することを目標にやってきたけど、いざとなったら反対されるんだろうなと思ってました。
というのも、起業の準備をはじめるときと事情が異なっていたからです。
そう。私達の間にはとてもかわいい息子が生まれ、もう2歳になっていました。
子どもが小さくて、公務員を辞めるという夫を反対しない妻って普通いないですよね。。
ところが妻は、あっさりと「そろそろいいかもね。」と。 (涙)
なんて男前な女性なんでしょう。
あとからなぜ、あんなにあっさりOKしたのか聞いたことがあります。
妻はこう答えました。
「5年間も一日も休まず、あんなに必死にがんばれる人は起業したって絶対に大丈夫だと思っただけ。」
私が逆の立場だったら果たして、そんなことが言えたでしょうか。
多分というか絶対無理だと思います。
他にも妻の男前なすごい話しはいくつでもあります。
彼女はほんとすごい。
私は無条件に彼女を尊敬しています。
私達は昨年結婚10年目を迎えました。
その日、私は次のようなツイートをしました。

今日で結婚10周年。妻と結婚して本当によかったと思う。妻にもそう思ってもらえてるといいんだけど(・・;)less than a minute ago via Twitter for iPhone


本当に彼女と結婚してよかったと思っています。
そして、彼女となら私が人生の目標にしている「幸せな家庭を築く」ということを実現できると自信が持てるのです。
なかなか、言葉に出しては言えないけど、こういう想いも伝えられる人間になろうと思います。
「いつも支えてくれて本当にありがとう。心から感謝しています。
これからもいっしょに幸せいっぱいな家族にしていこうね。」


Date : 2011.3.4

息子の言葉

今年のお正月にとてもとてもうれしいことがあったのですが、ずっと自分の中に留めていたことがあります。
だけど、きっと想いを綴ることは大切だと思うので、文章に残したいと思います。
そしていつか息子に読んでもらえたらと思います。
私には小学一年の息子がいてます。
ベビログが収益を生まないので、他の事業でカバーしなければいけません。
ですので、起業してから休みは日曜日だけにして一生懸命に働いています。
もちろん夜も帰るのが遅く、朝も早いため、家族と接する時間は短くなります。
息子はいつも私が出かけるときに「今日何時に帰って来る?」と聞きます。
そして、「今日は早いよ」と答えると、「やったー!帰って来たら、遊ぼうね。」と大喜びします。
だけど、私は大抵、「ごめんな。今日は遅いねん。」という回答ばかり。
そのとき息子は一瞬悲しい顔になるのですが、すぐに笑顔を作って「お仕事がんばってね!気をつけてね。」と送り出してくれます。
私は先日の日記にも書いたのですが、「幸せな家庭を築く」ということが、人生の目標です。
それなのに、家族とゆっくりと過ごす時間は日曜日のみ。
公務員をそのまま続けていたら、そんなことはなかったでしょう。
自分のことを優先させて、結局、家族の幸せなんて口先だけなのか、、と葛藤することも少なくありません。
お正月も結局、大晦日と元旦を休むだけになり、こんなことでいいんだろうかと少しふさぎ込みがちな気持ちになっていました。
息子は、”妻の弟”が大好きです。おじさんですね。
お正月は私が遊べないので、帰省していたおじさんにいっぱい遊んでもらってご機嫌だったそうです。
後日、妻の弟からこんな話しを聞きました。
お正月ということもあり、「おもちゃ買ったるわ。」と言ってもらい、息子と妻の弟は二人で話しながらおもちゃ屋に向かっていたときのことでした。
ふと、おもむろに息子が話しだしたそうです。
「ぼくな、パパのこと尊敬してるねん。いつも家族のためにたくさん働いてくれてるし、自分の力でお金を稼いでいることがむっちゃかっこいいと思うねん。ぼくもなパパみたいになりたいねん・・・」
もう、涙涙です。
心の中で申し訳ないという思いで、葛藤していただけに、そんな言葉を聞かされたら、、、
今思い出して書いてるだけで、泣いてしまいます。
これは妻に、感謝しなければいけません。
子どもは常に一緒に過ごす母親の父親に対する言葉に大きく影響されるものです。
息子がこのように言ってくれるのは、妻が「パパは家族のためにいつも一生懸命働いてくれてるねんで。」ということを息子に伝えてくれているからにほかなりません。
私も妻と息子にこう伝えます。
「パパが一生懸命働けるのは、家で○○○とママがいつも笑顔で待っていてくれているからやで。いつもありがとうな。」
さー、今日もパパは仕事がんばるよ!


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る