株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

babyloghp.jpg

昨日は、主宰している大阪の起業家勉強会「wisdom sharing work shop」(通称ウズウズ)の3周年記念でした。
2007年4月20日に第1回目を開催し、毎月1回開催し、36回目を迎えたわけです。

・みんなの知恵を共有して助け合いながら成長いくこと
・決して営業目的で参加しない

この2つのコンセプトだけはしっかりと守り、あとは自由に、臨機応変にやってきたことが功を奏して3年間継続することができました。
そして何より、様々なジャンルの方が参加し、そして、その専門的な知識・知恵を惜しみなく共有していただいたことがウズウズを発展させてくれたのだと思います。
これまで参加いただいた皆さま本当にありがとうございます。
今回は3周年ということもあり、これまでと少し違った趣きのことをやろうと、Ustreamとtwitterを活用して行いました。
Ustreamで勉強会の内容をLIVE配信して、twitterは勉強会のことについてつぶやいている内容を会場の全員に見えるようにスクリーンに映し出しました。
もちろん、つぶやいている人は会場に来ている人だけではなく、Ustreamを見ている人も含まれるわけです。

3years2.jpg

結果はとてもおもしろいものになりました。
講師の方が質問するのですが、90名近くいる参加者誰もが手をあげません。
さすがにこれだけ参加者がいると緊張して手があげにくいのでしょうね。
しかし、これとは正反対にtwitter上ではバンバン回答がつぶやかれていきます。
その中には会場に来ている方も含まれています。
手は上げられないけどつぶやくことはできるという何とも日本人らしい性質を垣間見ることができ、twitterとかネットって自己主張が苦手な日本人にピッタリだなぁと改めて実感した次第です^^;
また、Ustreamを見ていた方は延べ300人くらいおり、その方たちも積極的につぶやかれます。
これまではセミナー中に参加者の声を聞くことが中々できなかったわけですが、twitterを使えばいとも簡単にできてしまい、しかも、Ustreamを使うことで会場に来ていない方の声もリアルタイムで聞くことができるのです。
これまでにはなかったスタイルの在り方でいろんな意味で今年は変革の年だなと実感した次第です。
今回、非常に多くの方に参加いただきました。
最終的には90名近くの方に参加いただき、これまでの最高人数となりました。

3years.jpg

これだけの人数が集まったのは3周年記念ということもありますが、それより何より講師役を勤めていただいた中嶋茂夫さんの知名度があってからこそだと思います。
セミナーの内容が良いことはもちろん、人柄もとてもよい方で記念すべき回にご依頼して本当によかったなと思いました。
そうそう、何と参加者全員に今年2月に出版された「アメブロだからできる パワーブロガーになって夢を叶える方法」をプレゼントしてくれたんですよ。しかもお忙しい中、一人一人の名前を入れてサイン入りで。(90冊分書くのはほんと大変だったと思います。)
オープニングのキーポイントにはウズウズ3周年のお祝を入れてくれたりと、いろいろとお気遣いいただき3周年記念に花をそえてくれました。
中嶋さん本当にありがとうございました。
今回のLive配信は録画もされており、こちらで見ていただくことができます。
お話いただいた「twitter&アメブロ活用」にご興味がある方はぜひご覧くださいませ。
※今回のUST配信をすべてやってくれたのは@pro_hideさん。何と6台のカメラとデスクトップPCを持ち込んで!)
そんなこんなで多くの方の協力を得て、無事3周年記念を終えたわけですが、これからも皆さまと知恵を共有しながら、お互いに成長し、そしてウズウズ自身も成長させながら、10年、20年と続けてまいりたいと思います。
今後ともウズウズをどうぞよろしくお願いいたします!

大阪の起業家 勉強会
wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤
~知恵の共有ワークショップ~


今日は渡邉美樹氏の「みんなの夢シンポジウム in 大阪」に参加してきました。
渡邉美樹と考える!~夢あふれ、ありがとうが飛び交う社会をつくる~
というテーマを元に渡邉美樹氏の熱い想いに感銘を受けながら、ときに、涙を浮かべながら拝聴させていただきました。
それだけでも十分に今日は参加して本当によかったなと感じていたのですが、最後にとても貴重な機会をいただくことができました。
たくさんの方が参加されていたのでないだろうなと思っていた質問タイムがあったのです。
ドキドキする胸の高鳴りを押さえながら、こんな機会はなかなかないとスッと手をあげると司会の方と目が合い質問させてもらえることになったのです。
私はこんな質問をしました。
「公務員から起業し、ベビログという子どもの成長を記録するインターネットサービスをしています。
”ひとつひとつの家族が幸せになれば社会が幸せになる”という強い想いを持って事業を行っています。
でも、いくら想いが強くてもなかなか収益につながりません。
何かアドバイスをいただけますでしょうか。」
するとこういう回答が帰ってきました。
「収益が上がらないのはお客様からの”ありがとう”が足りないからです。
本当に必要とされ喜ばれ”ありがとう”がたくさん集まれば収益につながります。
それに経営についてしっかりと学ぶことも大切です。」
実際には違った言葉だったかもしれませんが、私が理解したのはこういう内容でした。
まさにそのとおりだという思いにハッとしました。
今のベビログは中途半端なんですね。
収益が上がりにくいことから十分な投資をすることができず、機能的にもデザイン的にも満足するものになっていません。
自分がユーザーの立場で考えたときにむちゃくちゃ使いたい気になるかと言えばなってないのです。
いくら想いが強くても、そんなサービスにユーザーから本当にありがとうの声は届くはずはありません。
ユーザーの皆さんが本当に喜んでくれるベビログはどんなものか、また、収益をあげるための商品・サービスで本当に喜んでくれるものは何か絶対に今考えなければいけない。
また、これまで経営についてしっかりと勉強をしてこなかった。何も分かっていない。しっかりと勉強しなければならない。
そうしたことが明確に認識できました。
もし、質問していなければ、あぁ、よい話しだったなぁで終わっていた可能性があります。
しかし、質問をして回答をしてくれるということは、私に対して直接対話をしてくれているのです。
それは本当にズシリズシリと胸の奥深くまで突き刺さりました。
これまで人生の転機的なものは3度ほどありました。
こちらの記事で書いてます。)
いずれも私が尊敬する方からズバリ、ドンっとストレートに言われることで転機になっています。
今日がこれまでの中で一番、ズドンっと入ってきました。
今日、参加させていただいたことで、これからのベビログの在り方は間違いなく変わります。
私の目つきも変わります。
渡邉美樹氏はこのようなこともお話されていました。
これまで頭の中であれこれ考えてやったことは失敗した。
成功したことはどれもわくわくして自分を抑えきれないぐらいに突き進むことができたものだとおっしゃられていました。
私はベビログにたくさんの幸せな家族の写真や動画、また、日記が集まるのを見ていると幸せな家族の輪がシャボン玉のようにふわふわたくさんベビログから出てくるのを感じます。そんなときに感動して胸が高鳴ります。
私にとってもわくわくは間違いなくこれなんだと気づくことが改めてできました。
ひとつでも多くの家族の幸せのお手伝いをさせていただく。
そして、ベビログがあって本当によかった。ありがとう。と一つでも多くの声がいただけるようがんばりたいと思います。
渡邉美樹さま、今日は私にとってベビログにとって大きな転機になりました。
本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。

dayyourdream.jpg


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る