株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

oita2.jpg

本日、大分合同新聞夕刊(5月29日)3面に掲載されました!
※ちなみに、「大分合同新聞は、1942年4月3日に大分新聞と豊州新聞が合同し創刊(合同新聞の名称は二紙が合同したことに由来する)。」ということだそうです。(wikipediaより)
つい先日も福岡のフリーペーパーさんに掲載いただいたりと、なぜか九州つながりです。
九州から火がつくか!?がんばれベビログ!


sakusei.jpg

本日、大雨の中行ってまいりました。
高槻の親子カフェ「カルベール」さんで開催させていただいたベビログ作成講座です。
子どもが高熱を出しているため、急遽講師が妻から男性の私にかわったのですが、あたたかく迎えいれてくれました
やはりリアルにユーザーさんと接するのは大切だなぁとしみじみ感じた次第。
(ただいま名古屋と東京の親子カフェさんとのコラボ企画も進行中!)
ご協力いただきました「カルベール」さんありがとうございました!


434580491_53.jpg
本日よりベビログに新規会員登録していただいた方を対象にプレゼントキャンペーンを開始しました。
プレゼントする商品は『なんでもアルバム』
『なんでもアルバム』とはお子さまの写真を使ってつくる、世界に1冊だけのオリジナル写真集です。
ちゃっちいアルバムではなく、こちらの商品はUVニス光沢仕上げの最高品質のデジタル印刷を実現していて、非常にクオリティの高いアルバムが完成します。
このステキな商品を何と100名様にプレゼントいたします !
この商品、本当に完成度が高く、まさに自分だけの写真集をつくるというイメージです。
私自身、長野の工場まで赴き見てきましたが、当選1名分を自分のものにしたくなるぐらい素晴らしい商品でした 。
もし小さなお子さまがいらっしゃるお友達がいらっしゃる方がいれば、ぜひぜひお知らせくださいませ。
きっと喜んでいただけると思います !
※プレゼント対象者は5月15日から6月14日の間に新規会員登録いただきました方になります。
詳細はこちらをご覧くださいませ!
http://www.babylog.jp/campaign.html


4月20日に行った勉強会の第2回目を5月18日(金)に行います!
☆前回の内容はこちら
今回のテーマはこちら!
1.「ネット契約」の法的リスクについて
2.「サイレントマジョリティ(沈黙の顧客)」をどう捉えるのか
以下が講師である橋本先生からのご案内です。
———————————————————
前半は、ネットショップやコミュニティサイトの運営者の方々が、押さえておかなくてはならない法的リスクを解説します。
商品販売や有償でのサービス提供にあたっては、それぞれの場面で適用される法律が異なります。ネットで商売をする際に負う法的リスクとはどんなものか、そして、そのリスクを回避するための究極の方法とは・・・
盛り上がったところでちょっとブレーク。
さて後半。法的リスクを理解することも大事ですが、みなさんは自分のサイトの顧客属性を把握できているでしょうか?
常連さん作りも大事ですが、サイトの存続を左右する存在である「サイレントマジョリティ(沈黙の顧客)」について少しお話してみたいと思います。
さらに、みなさんがサイト売上を伸ばすために日頃から行っていること、あるいはこれから考えようとしていることなどを意見交換しながら、サイレントマジョリティのニーズのつかみ方を探ってみましょう。
———————————————————
1.の内容ですが、例えばよくヤフオクで「ノークレーム、ノーリターンでお願いします。」と書いて出品されている方がいます。
はたして、それはどこまで通用するのでしょうか。
また、ネットショップには買い物かごがあります。
買い物かごに入れて清算するときに、クリックするとすぐに「お買い上げありがとうございました。」という画面が出る前に1クッションあって、確認画面が出るようになっています。
もしこの確認画面を設けてないと法的にはどうなるのか?
そんな疑問を持ったことはないですか?
法的にはやはりどうしても消費者が有利になっています。
ならば、どういうことを注意してサイトを作成することで法的リスクが低減できるのか。
こうしたことを中心にお話していただく予定になっています。
もちろん、勉強会ですので、前回同様みなさんからの様々な意見を出していただき先生を交えてディスカッションしていただければと考えています。
そして、2.についてですが、こちらは「サイレントマジョリティ(沈黙の顧客)」について先生から少しお話いただき、その後はみなさんの実際の体験を話していただき、普段売り上げを伸ばすためにどうしたことを注意してやっているのかという意見交換会を行います。
ネットショップ運営の書籍などを読むとよくこうしたことが書かれています。
「各ページの目立つ位置に電話番号をバーンと載せましょう!」
そして、そうすることでの効果がどうなるということがツラツラ書かれています。
でも読んでるだけだったら、「あー、そうなんだ。でもホントかなぁ。嫌な電話もかかってきそうだしなぁ・・」といった感じで、中々実行できない方がいるのではないでしょうか。
でも、こうした意見交換会で「問い合わせがとても増えて、売り上げがものすごく伸びた」という実体験を聞くとどうでしょう。
きっと本を読んで知識を吸収しただけとは、まったく違う意識が生まれると思います。
やって、ダメにしろ、よかったにしろ行動しなければ何も変わらず、何も生まれません。
この勉強会ではこうした生の声を意見交換しながら、みなさんの行動への第1歩の助けになるような会になればいいなと思っています。
そして、個々では弱い私たちが、厳しい世界を生き残っていくべく協力し、また、知識を共有していける場になればとも考えています。
で、今回は最後に、投票を2つ行います。
1つは・・・
この会の名前の投票!
2つ目は・・・
次回の題目の投票!
この会は勉強会ですので、講師は毎回変えていきます。
参加者の中には特別なスキルを持った方がたくさんおられます。
そうした方から、題目をそれぞれいただいて、次回の勉強会は何をテーマにするか決定したいと思います。
特別なスキルがなくても、「今うちのショップではこうしたことが課題です。このことについてディスカッションしてください。」といった題目でも結構です。
特に講師はなく、みなさんでひたすらディスカッションというのもおもしろいかもしれません。
そんなこんなで、まだまだ手探り状態の運営が続きますが、みなさんと一緒にいい会にしていければなと思っています。
ぜひぜひ、友達もどんどん誘って来てください。
楽しく、末永く続くよい会にしていきましょう!
〔開催日時〕
日時:5月18日(金)15~17時
場所:JR天満駅から徒歩5分弱(詳細な場所は参加者におって連絡いたします)
会費:1000円


takeoff21.jpg

今年2月に認定されましたテイクオフ大阪21の冊子が発刊され、認定事業者としてご紹介いただきました!
※テイクオフ大阪21とは
大阪府関連の財団法人大阪産業振興機構が新規性・革新性・競争優位性等が認められる事業計画を評価・認定を行い、その事業を支援していく認定事業。


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る