株式会社ベビログ-ブログ-「家族の幸せが社会の幸せへ」

job.gif

Date : 2007.1.29

DG大挑戦者祭:終了


昨日はドリームゲートの近畿大挑戦者祭でした。
失敗したことで得ることがたくさんありました。
何事も経験、日々勉強。
これからも自分を成長させていきます。
昨日の一番の収穫。
それは何と言っても妻の覚醒。
私以上に名刺とビラをもって営業しまくり。
相手がお偉い社長であろうとお構いなし。
次は私がプレゼンに出るとまで言ってます。
私より数段見栄えもいいし、表現力もあるので確かにうってつけのような気がします。
飛び込み営業もバンバン行くと言ってます。
いやいや、私も負けてられません。
夫婦二人でがんばります。
いやいや、二人ではありません。
うちのおチビも2月のブース出展ではビラ配りをがんばると言っています。
家族一丸となってベビログを全国に広げていきたいと思います^^v


ついにこの日が来ました。
そう、ベビログβ版公開日です。
(2日遅れました。すみませんm(__)m)
構想したのが昨年4月下旬。
9ヶ月目にしてようやくある一定の形になったわけです。
これまでいろんなことがありました。
ひとつ大きな山場が7月でした。
ここでベビログを立ち上げるには多大な費用がかかるということがはっきりしました。
ユーザーが集まるかどうかわからないものに、先行投資しても大丈夫なのか、本当に考えている収益モデルで収益を生み出せるのか。
家には幼い子どもが待っているわけで簡単に決断できる金額ではありませんでした。
ほんとに悩みました。
悩んで悩んで1ヶ月近く悩みましたが結局自分で答えを出すことができませんでした。
産創館でお世話になっているコンサルタントの方に相談した結果、事業計画書を書くことで自分のプランを見つめなおしてみてはとのアドバイスをいただきました。
しかし、結局は決めるのは自分ですよということでした。
事業計画書のひとつひとつの項目をつぶしていく中、やはりこのサービスはたくさんの方に幸せな気持ちを感じてもらえるはずだと、そして何より自分自身が一番使ってみたいサービスだと再認識する形になりました。
そしてその夜、私は妻に自分の気持ちを打ち明けました。
妻は最後まで聞き終わると、
「あなたがそこまで考えているなら私はあなたを信じる。」
と一言いってくれました。
その一言で私の気持ちは固まりました。
そして、後日次のような言葉もかけてくれました。
「お客様に幸せを感じてもらえるサービスは家族をおろそかにするような人には決してできない。家族を大切にするあなたならきっとできると思う。」と。
ここで私の人生の目標である幸せな家庭を築くということ、それが経営理念として一致するものになりました。
「家族が幸せになれば社会も幸せになる」
私はそうした思いを強い理念とし、ベビログを運営していきたいと思います。
他にもいろんな山がありました。
ここにも書けないことがたくさんありました。
眠れない日、食べられない日、情けなくて、悔しくて涙した日….
でも、その度に多くの仲間が助けてくれました。
自分の事業を二の次にしてまで協力してくれた仲間。
朝から晩までベビログのテストに協力してくれた仲間。
落ち込んでいる私を必死に励ましてくれた仲間。
みんながいなければ決してできなかった「ベビログ」です。
みんなのおかげです。
本当にありがとう・・・
僭越ながらベビログを共につくってくれた皆様に感謝の意を込めて記しを残させていただきました。
http://www.babylog.jp/PageMaker.php?p=3
何度も何度も、浮き沈みしながらやってきましたが、つい先日のテストの際に改めてベビログを作ってよかったっと心から思うことがありました。
それは、ある方が知り合いのお子さんの写真をたくさん借りて来られて、それを元にページを作られました。
お子さんさんの幸せな表情。
なんとも言えない暖かな雰囲気がそこには漂っています。
こんな幸せな写真、日記が「ベビログ」には山のように集まってくるのです。
それを想像するだけで私は幸せな気持ちで一杯になり、涙があふれそうになりました。
ひとつひとつの家族の幸せの輪がふわりふわりとベビログから出てくる、そして、ベビログを抜け出し、それが社会にまで広がっていく。
それまで抽象的にしか見えなかったものが、一瞬はっきりと見えたような気がします・・
まだ、全部の機能の実装ができていませんし、不具合もまだまだ出てくると思います。
しばらくの間、まだまだ産まれたばかりの「ベビログ」をお許しください。
皆様の力をお借りし、共に育てていただけるとこんなに嬉しいことはありません。
どうぞ末永く、「ベビログ」をよろしくお願いします。
では、熱い思いがこもった「ベビログ」をぜひご覧くださいませ。


今日は午前中はそそくさと自宅にて仕事に励み、
昼は創業準備オフィス仲間の高野暢子さんにご紹介いただき某タレント事務所にお邪魔しました。
言うまでもなく、私を売り込みに行くわけでもなく、息子を子タレデビューさせようというわけでもありません。^^;
ベビログのサンプルページを作成するのですが、その写真を子タレさんに提供してもらおうというわけです。
はじめてのタレント事務所。
どんな恐ろしいところなんだと、ドキドキしながら中を覗くと・・
一般的な会社と変わりありませんでした^^
そこで事業の内容を説明し、協力をお願いすると快くOKとのこと。
これも高野さんのおかげです。
ありがとうございますm(__)m
事務所を出て高野さんと別れたあとは28日(日)にドリームゲート近畿挑戦者祭でプレゼンをするオーバルホールへ下見に。
かなり大きなホールを想像していましたが、思ったほど大きくなくホッ。(大きいと何か緊張しません?)
ちょうど大阪市長の関さんがパワポを使いながら講演してましたので、なるほどこういう感じに映るのかと納得。
これでプレゼンの練習をするときも会場をイメージしながらできます。


Date : 2007.1.9

RSSとは?

rss
みなさんRSSってご存知ですか?
おそらく聞いたことがある方が大半だと思います。
では、RSSって何ですか?と聞かれると、スラスラと答えられる人は皆無だと思います。
IT用語辞典では下記のように説明されています。
—————————————————
RSSとは
Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することができる。….云々
—————————————————
はい、訳がわかりません^^;
しかし、IE7からRSS購読機能が搭載されましたし、Outlook2007にも同様に搭載されると聞いています。
2007年に急速に広がるであろうRSSを一足早く知ってみたいとは思いませんか?
前置きが長くなりましたが、私が尊敬する起業家の一人feedtailor Inc. 大石社長RSSセミナーを開催されます。
実は私、昨年11月に行われました第1回目のセミナーに参加させていただき非常に感銘を受けました。
次の日から私の情報収集力は2倍から3倍になったと言っても過言ではありません。
今回も前回とほぼ同様の内容で、「RSS」そのものの説明はもちろん「RSS」を活用したらどんな恩恵を得られるのか、そしてその具体的なノウハウについて教えていただけるとのことです。
非常に濃い内容にも関わらず、RSSを広めたいという大石社長のお気持ちにより料金は1コイン制(セミナーを聞いてRSSで世界が変わりそうだと思われた度合いに応じて1円/10円/50円/100円/500円玉を一枚支払う)です。
ウェブの世界に興味のある方、またウェブを通じたビジネスを展開される方はぜひぜひご参加されることをオススメいたします。
ほんと世界が変わりますから!^^
詳細はfeedtailor Inc. 大石裕一の社長ブログから。


Date : 2007.1.4

先輩の言葉

昨日、私の叔父が自宅に遊びに来てくれました。
叔父は30代で独立し、旅行会社20年ほど経営しています。
ついこないだまで個人事業でありながら大手流通グループ「Iグループ」の福利厚生を一手に担っているという私が尊敬する人の一人です。
起業した私に何か話そうとしていましたが、息子が大喜びでじゃれつきとてもゆっくり話しができる雰囲気ではありませんでした。
そして、叔父が家に帰ってから電話をくれました。
そしてこんな話をしてくれたのです。
*************************
誠実さだけは忘れたらあかん。
商売をしていたら、いいことも悪いこともある。
でもいいことも悪いこともずっと続くことはない。
良いときは人が周りに寄ってくる。
でも悪いときは驚くほど人は離れていく。
人間は自分が一番かわいい。自分のリスクをかえりみず協力してくれる人なんてほとんどいない。
商売を上手くやっていくには、そんな悪いときにどれだけの人が傍にいてくれる人間になれるかなんだ。
そして、そういう人間になるためには常に誠実さを忘れてはいけない。
*************************
重い言葉です。
自分で言うのも何ですが、私の一番のセールスポイントは「誠実さ」だと思っています。
でも、仮に事業が上手くいきだし、天狗の鼻が伸びているときにこの「誠実さ」を維持できるかと聞かれると「はい」と確答できる自信ははっきり言ってないです。
「良いことがずっと続くことはない。」
「良いときにいかに誠実にいられるか。」
ここが大きなポイントになるんだと思う。
「常に誠実たれ」
これを忘れることのないように、ここにも記しておきたいと思います。


プロフィール

板羽宣人の写真

株式会社ベビログ
代表

板羽 宣人 板羽宣人のtwitterページへ

地方公務員を8年勤めたのち起業。ブログポータルサイト、ECサイト、地域コミュニティサイトなど多くのインターネットメディアを自社運営する一方、その運営ノウハウを基に、コンサルタントとしても活動中。

当ブログへのメールはこちらから

はじめて来られた方へ

活動実績

月別のエントリー

最近のエントリー

経営者仲間のブログ

サイト内検索

コンテンツメニュー

  • ホーム
  • 代表メッセージ
  • 会社案内
  • アクセス
  • 事業内容
    • ベビログ
    • 関西テニスネット
    • テディベアタイム
    • お祝いギフト工房
  • マスコミ掲載履歴
  • 社長ブログ
  • 採用情報
  • お問合わせ

ページトップに戻る